引っ越し段取りリストで計画的にスケジュールを立てる!失敗を限りなく減らしてスムーズな引っ越しを実現

引っ越し段取りリストで計画的にスケジュールを立てる!失敗を限りなく減らしてスムーズな引っ越しを実現

 

 

ポイントアップキャンペーン!7/11〜7/17

今すぐ確認!

 

 

Amazon激安商品夏用を

今すぐ確認!

 

Amazonプライム会員限定セール!を

今すぐ確認!

Amazonアソシエイト

引っ越し段取りリストを利用して時系列に作業をすすめよう

引っ越し やることリスト

 

 

 

引っ越しは人生の中でも大きなイベントの一つです。

 

しかし、多くの荷物を移動させ、新しい環境に慣れる必要があるため、準備や実行が大変な場合もあります。

 

そこで、今回は引っ越し段取りリストを使って、計画的にスケジュールを立て、失敗を限りなく減らしてスムーズな引っ越しを実現する方法をご紹介します。

 

引っ越し段取りリストとは、引っ越し前にやるべきことを時系列にまとめたリストです。

 

これを活用することで、必要なことを忘れずに準備を進めることができ、時間と労力を節約することができます。

 

このブログでは、以下の内容について詳しく説明します。

 

  • 引っ越し段取りリストの作り方
  • 引っ越し段取りリストの具体的な例
  • 引っ越し段取りリストを活用するコツ

 

また、良くある質問では、「引っ越し準備はいつから始めるの?」なんてことを聞かれます。

 

引っ越し準備に関しては、「単身引っ越し」「家族引っ越し」とで違いがあるのですが、通常、単身引っ越しでは早い人ですと1か月前から準備を始める人が39%と一番多いようです。

 

次が、2〜3週間前=21%となり、2週間前=22%、2〜3日前が14%だそうです。

 

つまり、ほとんどの人が2週間〜1か月前くらいに引っ越し準備に入っているようです。

 

家族引っ越しでは、早い人ですと1か月前から準備を始める人が53%と一番多いようです。

 

次が、2〜3週間前=21%となり、2週間前=13%、2〜3日前が7%だそうです。

 

「単身引っ越し」「家族引っ越し」の引っ越し準備に取り掛かるのは、「家族引っ越し」の方がやや早くから引っ越し準備に取り掛かっているのがわかります。

 

引っ越しをする人数も多いことと、家財も多いことから、早くから引っ越し準備に取り掛かるのではないでしょうか。

 

早くからの引っ越し準備は作業を早くという意味からはメリットがあるのですが、準備の期間が長くなると何の作業まで終了したのかわからなくなったり、何を縦鼻しておけば良いのがわからなくなります。

 

そこで、引っ越し準備の地図と同じ意味の「段取りリスト」を制作してみました。

 

「引っ越し段取りリスト」は、引っ越し1ヶ月前くらいにやること引っ越し10日前くらいにやること引っ越し前日、当日にやること引っ越し後、2週間以内にやることのように、計画的に時系列で引っ越し作業を進められるようにリストを作りました。

 

段取りリストの作成引っ越し業者選びの順番で準備を始めることにしましょう。

 

計画的に作業を進めることで、小さな失敗、大きな失敗を限りなく減らすことができます。

 

「単身引っ越し」

(2018年時点の価格)

1か月前 2〜3週間前 2週間前 2〜3日前

39%

21%

22%

14%

 

「家族引っ越し」

(2018年時点の価格)

1か月前 2〜3週間前 2週間前 2〜3日前

53%

21%

13%

7%

(参照:引っ越し侍2022年 6月更新)

 

引っ越し段取りリストでスケジュール管理をしましょう

 

 

まぁ……、引っ越しやることリストって、意外と作業には効果があるものだね、早速、リストを作ることにしたよ

 

店長シバは、引っ越し作業の失敗と手間を減らす目的のため引っ越し段取りリストを作ってみました。

 

引っ越し作業は、ほんとに多くの作業があるため、「ついうっかりと作業を重複していたり」「大切なことをやり忘れたり」と、作業の失敗で無駄な時間を費やすことがあるからです。

 

引っ越し作業の時系列に沿って引っ越し作業の進捗をチェックすることができるように作ってみました。

 

また、自分の引っ越しに合うように、引っ越し段取りリストをどんどん使いやすく作り変えていきましょう。

 

引っ越し段取りリストは、「引っ越し1ヶ月前くらい」「引っ越し10日前くらい」「引っ越し前日、当日」「引っ越し後、2週間以内」のように時系列で引っ越し段取りリストをまとめてありますので、自分の引っ越し作業に合わせやすいのではないでしょうか。

 

大事のは引っ越し前日、当日です。

 

特に、初めて引っ越しをする人にとっては緊張でワクワクの当日となるはずです。

 

失敗をしないように引っ越し段取りリストを利用して、計画的にスケジュールを立てていきましょう。

 

引っ越し1ヶ月前くらいの引っ越し段取りリスト

 

「引っ越し1ヶ月前くらいの引っ越し段取りリスト」では、「一括業者見積りを試す」「管理会社へ連絡して賃貸の解約をする」など、手始めの作業が待っています。

 

まず、引っ越し業者を決めましょう。

 

次に、業者から提供される無料段ボールという名前の資材を貰ってから作業を開始することになります。

 

同時に、時間がかかる「粗大ゴミ、不用品の処分」に手を付けるのも良い方法です。

 

店長シバは、使える不用品を持っていたため、ただ捨てるのではなく、「専門買取店に売る」「ヤフオク、メリカりでで売る」などのように、手間を掛けて少しでもお金になるようなことをしていきました。

 

「引っ越し侍」一括業者見積りで見積り依頼をする

単身引っ越し 段取り リスト

粗大ゴミ、不用品の処分
引っ越しあいさつ状の準備
引っ越し業者からの段ボール支給で荷物の箱詰めを開始
転校手続き
現在住んでいる大家さん、管理会社へ連絡して賃貸などを解約。

 

引っ越し10日前くらいの引っ越し段取りリスト

 

「引っ越し10日前くらいの引っ越し段取りリスト」では、引っ越し予定日まで待ったなしとなります。

 

この時期にもやることが盛りだくさんですので、引っ越し段取りリストに大切なことを記入して作業を進めていきましょう。

 

郵便物転送手続き」「インターネットの変更手続き」「携帯電話 住所変更」「電気終了の手続き」「ガス閉栓の手続き」「水道の手続き」「本格的に荷づくり開始」、こんな感じで準備をしていきましょう。

 

緊張もあるのですが、疲れも出てきますので引っ越し段取りリストを何度も見直しながらミスをしないように作業を進めることが大切です。

 

特に、本格的に荷づくり開始となりますので、狭い部屋は荷物を入れた段ボールがいっぱいとなり生活することも難しい状態になりますので、事前に荷物をどこに置くのかを決めておいて作業を進めることにしましょう。

 

電気終了の手続き
ガス閉栓の手続き
※ガス閉栓は引っ越し当日に立会いとなります
水道の手続き
引っ越し段ボールの調達確認
※段ボールの大きさ、数が足りているのかをチェックする。
本格的に荷づくり開始
※段ボールの置く位置が生活の邪魔にならないように重ねていく。

 

引っ越し前日、当日の引っ越し段取りリスト

 

引っ越しを安く手間を少なく

 

「店長シバは現状回復の対応に失敗したんだ。搬出で忙しいときに来訪する調査員に集中できなかったので、あとで回復費を必要以上に請求されてビックリ、気が付いた時は後の祭りでお金は戻ってこなかった(涙)」


 

「引っ越し前日、当日」では、いよいよこの日が来たのかという感じです。

 

もう一度、大切な事を忘れていないのか引っ越し段取りリストのチェックをしておきましょう。

 

「ガス閉栓の立会いと料金の精算」「現状復帰義務のチェック」「引っ越し業者作業員の到着確認」と、たて続けに大事な案件が待っています。

 

特に、引っ越し荷物の搬出で忙しいときにやってくる「現状復帰義務の確認」には注意が必要です。

 

相手にまかせっきりですと、相手のいいように計算をされてしまうからです。

 

こちら側に負担があるのならば、どの部分でいくら費用がかかるのかを納得のいくように説明をしてもらいましょう。

 

後で、請求されてからですと、お金はほとんど戻ってこないことが多いからです。

 

「現状復帰義務」とは、住んでいた部屋を入居した時の状態に原状復帰するためにの調査ですが、最初に支払った敷金からその分を引かれます。

 

店長シバはこれを失敗しました。

 

新築物件から2年目の賃貸に3年間入居したのですが、原状復帰費用は5年分の経年変化を請求されたからです。

 

さすがに「違うだろう」思い、後でクレームをいれたのですが、「後で入れたクレーム」でしたので、何の返答もなくそのままになってしまい大失敗でした。

 

『旧住所』

大家さん、近所への挨拶
ガス閉栓の立会いと料金の精算
電気ブレーカーを落とし電気料金の清算
貴重品をバックに保管
鍵の返却
部屋の現状復帰義務のチェック
※荷物の搬出と同時に管理会社の立会い調査が一般的。
水道料金のご精算
清掃と戸締り
最後に忘れ物チェック

 

『新住所』

搬入された荷物の確認
※複数の部屋があるときは各部屋ごとに搬入してもらう。
大家さんへの挨拶
近所への挨拶
電気使用開始
ガスを開栓の立合い
※新居当日に立会い開栓ができればお風呂、ガスがすぐに使える。
水道使用開始
電話使用開始

 

引っ越し後、2週間以内の引っ越し段取りリスト

 

「引っ越し後、2週間以内」では、引っ越しも終わってホッと一段落ついているときではないでしょうか。

 

ですが、引っ越し作業はまだ終わっていません。

 

引っ越した後も、荷物の片付けの他に、転居手続きなど多くのやることがありますので、最後まで気を抜かないようにしましょう。

 

「市区町村役所へ転居届け」の変更手続き
郵便物転送の手続き
新聞などの定期もの手続き
NHKの住所変更の手続き
電話、インターネットの手続き
携帯電話 住所変更の手続き
金融機関の手続き
住民登録の手続き
国民健康保険の手続き
国民年金の手続き
福祉関係の手続き
※乳児医療・児童手当・老人医療・老齢年金
印鑑登録の手続き
ペット登録の手続き
郵便貯金の手続き
簡易保険の手続き
金融機関、預金関係の手続き
金融機関、公共料金自動引落の手続き
金融機関、ローン、クレジットの手続き
金融機関、株券の手続き
生命保険の手続き
火災保険の手続き
自動車保険の手続き
傷害保険の手続き
その他保険の手続き
「不動産登記の住所変更」
「自動二輪、自動車の登録変更」
「運転免許証の住所変更」
「転校」手続き
引っ越しのゴミ処理
※引っ越し段ボールの処理は、新居で廃棄不可の場合もありますので引っ越し業者に相談することが良いのですが、引っ越し業者から断られることもありますので、事前の契約の時に段ボールの廃棄をお願いする項目を記入してもらうと安心です。

 

引っ越しを失敗しないために

引っ越し 段取り リスト

 

 

 
「早読み!大切な要点をまとめてみました」

 

「引っ越し段取りリスト」で計画的にスケジュールを立てる

 

「引っ越し段取りリスト」は、引っ越し1ヶ月前くらいにやること引っ越し10日前くらいにやること引っ越し前日、当日にやること引っ越し後、2週間以内にやることのように、計画的に時系列で引っ越し作業を進められるようにリストを作りました。

 

計画的に作業を進めることで、小さな失敗、大きな失敗を限りなく減らすことができます。

 

引っ越し段取りリストでスケジュール管理をしましょう

 

引っ越し段取りリスト

 

まぁ……、引っ越しやることリストって、意外と作業には効果があるものだね、早速、僕もリストを作ることにしたよ


 

店長シバは、引っ越し作業の失敗と手間を減らす目的のため「引っ越し段取りリスト」を作ってみました。

 

引っ越し作業は、ほんとに多くの作業があるため、「ついうっかりと作業を重複していたり」「大切なことをやり忘れたり」と、作業の失敗で無駄な時間を費やすことがあるからです。

 

引っ越し作業の時系列に沿って引っ越し作業の進捗をチェックすることができるように作ってみました。

 

また、自分の引っ越しに合うように、引っ越し段取りリストをどんどん使いやすく作り変えていきましょう。

 

引っ越し段取りリストは、「引っ越し1ヶ月前くらい」「引っ越し10日前くらい」「引っ越し前日、当日」「引っ越し後、2週間以内」のように時系列で引っ越し段取りリストをまとめてありますので、自分の引っ越し作業に合わせやすいのではないでしょうか。

 

大事のは「引っ越し前日、当日」です。

 

特に、初めて引っ越しをする人にとっては緊張でワクワクの当日となるはずです。

 

失敗をしないように引っ越し段取りリストを利用して、計画的にスケジュールを立てていきましょう。

 

引っ越し1ヶ月前くらいの引っ越し段取りリスト

 

「引っ越し1ヶ月前くらいの引っ越し段取りリスト」では、「一括業者見積りを試す」「管理会社へ連絡して賃貸の解約をする」など、手始めの作業が待っています。

 

まず、引っ越し業者を決めましょう。

 

次に、業者から提供される無料段ボールという名前の資材を貰ってから作業を開始することになります。

 

同時に、時間がかかる「粗大ゴミ、不用品の処分」に手を付けるのも良い方法です。

 

店長シバは、使える不用品を持っていたため、ただ捨てるのではなく、「専門買取店に売る」「ヤフオク、メリカりでで売る」などのように、手間を掛けて少しでもお金になるようなことをしていきました。

 

「引っ越し侍」一括業者見積りで見積り依頼をする

単身引っ越し 段取り リスト

粗大ゴミ、不用品の処分
引っ越しあいさつ状の準備
引っ越し業者からの段ボール支給で荷物の箱詰めを開始
転校手続き
現在住んでいる大家さん、管理会社へ連絡して賃貸などを解約。

 

引っ越し10日前くらいの引っ越し段取りリスト

 

「引っ越し10日前くらいの引っ越し段取りリスト」では、引っ越し予定日まで待ったなしとなります。

 

この時期にもやることが盛りだくさんですので、引っ越し段取りリストに大切なことを記入して作業を進めていきましょう。

 

郵便物転送手続き」「インターネットの変更手続き」「携帯電話 住所変更」「電気終了の手続き」「ガス閉栓の手続き」「水道の手続き」「本格的に荷づくり開始」、こんな感じで準備をしていきましょう。

 

緊張もあるのですが、疲れも出てきますので「引っ越し段取りリスト」を何度も見直しながらミスをしないように作業を進めることが大切です。

 

特に、本格的に荷づくり開始となりますので、狭い部屋は荷物を入れた段ボールがいっぱいとなり生活することも難しい状態になりますので、事前に荷物をどこに置くのかを決めておいて作業を進めることにしましょう。

 

電気終了の手続き
ガス閉栓の手続き
※ガス閉栓は引っ越し当日に立会いとなります
水道の手続き
引っ越し段ボールの調達確認
※段ボールの大きさ、数が足りているのかをチェックする。
本格的に荷づくり開始
※段ボールの置く位置が生活の邪魔にならないように重ねていく。

 

引っ越し前日、当日の引っ越し段取りリスト

 

 

「店長シバは現状回復の対応に失敗したんだ。搬出で忙しいときに来訪する調査員に集中できなかったので、あとで回復費を必要以上に請求されてビックリ、気が付いた時は後の祭りでお金は戻ってこなかった(涙)」

 

「引っ越し前日、当日」では、いよいよこの日が来たのかという感じです。

 

もう一度、大切な事を忘れていないのか引っ越し段取りリストのチェックをしておきましょう。

 

「ガス閉栓の立会いと料金の精算」「現状復帰義務のチェック」「引っ越し業者作業員の到着確認」と、たて続けに大事な案件が待っています。

 

特に、引っ越し荷物の搬出で忙しいときにやってくる「現状復帰義務の確認」には注意が必要です。

 

相手にまかせっきりですと、相手のいいように計算をされてしまうからです。

 

こちら側に負担があるのならば、どの部分でいくら費用がかかるのかを納得のいくように説明をしてもらいましょう。

 

後で、請求されてからですと、お金はほとんど戻ってこないことが多いからです。

 

「現状復帰義務」とは、住んでいた部屋を入居した時の状態に原状復帰するためにの調査ですが、最初に支払った敷金からその分を引かれます。

 

店長シバはこれを失敗しました。

 

新築物件から2年目の賃貸に3年間入居したのですが、原状復帰費用は5年分の経年変化を請求されたからです。

 

さすがに「違うだろう」思い、後でクレームをいれたのですが、「後で入れたクレーム」でしたので、そのまま何の返答もなくそのままになってしまい大失敗でした。

 

『旧住所』

大家さん、近所への挨拶
ガス閉栓の立会いと料金の精算
電気ブレーカーを落とし電気料金の清算
貴重品をバックに保管
鍵の返却
部屋の現状復帰義務のチェック
※荷物の搬出と同時に管理会社の立会い調査が一般的。
水道料金のご精算
清掃と戸締り
最後に忘れ物チェック

 

『新住所』

搬入された荷物の確認
※複数の部屋があるときは各部屋ごとに搬入してもらう。
大家さんへの挨拶
近所への挨拶
電気使用開始
ガスを開栓の立合い
※新居当日に立会い開栓ができればお風呂、ガスがすぐに使える。
水道使用開始
電話使用開始

 

引っ越し後、2週間以内の引っ越し段取りリスト

 

「引っ越し後、2週間以内」では、引っ越しも終わってホッと一段落ついているときではないでしょうか。

 

ですが、引っ越しはまだまだ終わっていません。

 

引っ越した後も、荷物の片付けの他に、転居手続きなど多くのやることがありますので、気を抜かないで最後まで続けるようにしましょう。

 

「市区町村役所へ転居届け」の変更手続き
郵便物転送の手続き
新聞などの定期もの手続き
NHKの住所変更の手続き
電話、インターネットの手続き
携帯電話 住所変更の手続き
金融機関の手続き
住民登録の手続き
国民健康保険の手続き
国民年金の手続き
福祉関係の手続き
※乳児医療・児童手当・老人医療・老齢年金
印鑑登録の手続き
ペット登録の手続き
郵便貯金の手続き
簡易保険の手続き
金融機関、預金関係の手続き
金融機関、公共料金自動引落の手続き
金融機関、ローン、クレジットの手続き
金融機関、株券の手続き
生命保険の手続き
火災保険の手続き
自動車保険の手続き
傷害保険の手続き
その他保険の手続き
「不動産登記の住所変更」
「自動二輪、自動車の登録変更」
「運転免許証の住所変更」
「転校」手続き
引っ越しのゴミ処理
※引っ越し段ボールの処理は、新居で廃棄不可の場合もありますので引っ越し業者に相談しておくようにしましょう。

 

大切な引っ越しを失敗しないために「引っ越し段取りリスト」をフルに活用していくのですが、作業を進めていくうちに、不測な事態が常に起きますので、その都度リストに書き加えていくように使いましょう。

 


【最新】引っ越し費用を最大50%節約!
サカイ、アリさん、アートなど、あの大手業者も徹底比較!
一番安い引っ越し見積りがわかる!
【公式】 引越し侍2

 

 

ポイントアップキャンペーン!7/11〜7/17

今すぐ確認!

 

 

Amazon激安商品夏用を

今すぐ確認!

 

Amazonプライム会員限定セール!を

今すぐ確認!

Amazonアソシエイト