引っ越し業者の安い時期の料金に驚いた!金券ショップのノウハウで引越し費用最大50%オフ!3つのマネー術で賢く節約

引っ越し業者の安い時期の料金に驚いた!金券ショップのノウハウで引越し費用最大50%オフ!3つのマネー術で賢く節約

 

 

ポイントアップキャンペーン!7/11〜7/17

今すぐ確認!

 

 

Amazon激安商品夏用を

今すぐ確認!

 

Amazonプライム会員限定セール!を

今すぐ確認!

Amazonアソシエイト

引っ越し業者の時期の違いの料金差に驚いた!

引っ越し おすすめ 時期

 

 

 

引っ越し業者には繁忙期(ハイシーズン)のように高い時期と閑散期(オフシーズン)のように安い時期があります

 

閑散期では引っ越しをする人が少ないため費用が安くなるのですが、繁忙期では引っ越しする人が増えるために費用が高くなります。

 

できるだけ、引っ越し費用が安い閑散期を狙って引っ越しをすることでお得になるのですが、仕事や個人の都合の関係もあり、なかなかこの安いシーズンに引っ越しをすることは難しいようです。

 

ここではどのようなタイミングで安くなるのかをまとめてみました。

 

閑散期を狙う
引っ越しには繁忙期と閑散期があり、閑散期の方が費用が安くなります。閑散期は一般的に4月下旬〜8月頃と12月頃となりますのでこの時期をねらいましょう。

 

曜日を選ぶ
引っ越し費用は曜日によっても違ってきます。金曜日、土曜日、日曜日は費用が高く、月曜日、火曜日、水曜日、木曜日が安くなります。

 

上記のように平日が安くなるので、この曜日を狙って費用を安くしましょう。

 

時間帯を選ぶ
引っ越し費用は時間帯によっても違ってきます。午前中は費用が高く、午後は安くなります。

 

基本の安く時間帯を狙うのですが、同時に、複数のマネー術を組み合わせることで、引っ越し費用を最大50%の節約に近づけることができます。

 

さらに金券ショップのノウハウも組み合わせることで費用を安くすることができます。

 

 

「引っ越し費用に高いと安い時期なんてものがあるんだ。知らなかったよ。」

 

閑散期の時期に引っ越しをすることで「費用がいくら節約になるのか?」を試算したデーターがあります。

 

「引っ越し侍」からのデーターを参考にしたものですが、閑散期に引っ越しをすると平均で-15,931円も費用を節約することができるそうです。

 

管理人も今まで試算したことが無い数字でしたので、この数字を聞いたときはビックリという感じでした。

 

プラン 安くなる金額(平均値) 条件

安い時期に引っ越しをすることで節約になった金額

-15,931円

(2018年時点の価格)

※閑散期/引っ越し距離50kmの場合の目安の金額となり、条件や時期によって変動があり。

参照:「引っ越し侍」

 


【最新】引っ越し費用を最大50%節約!
サカイ、アリさん、アートなど、あの大手業者も徹底比較!
一番安い引っ越し見積りがわかる!
【公式】 引越し侍2

 

閑散期と繁忙期の費用の違いに驚いた

 

 

「閑散期と繁忙期って引っ越しでは知らなかったけど、新幹線、飛行機、ホテルではよく言われているよね。あれと同じものが引っ越しでもあるということだね」

 

 

「そうなんです。
引っ越しにも閑散期と繁忙期があります。

 

つまり、閑散期狙いで引っ越しをすることで、大きく引っ越し費用を安くすることができます」

 

管理人シバが提案することは、このシーズンの違いを狙って引っ越し費用を安くしようということです。

 

そのためには、閑散期と繁忙期の時期を知ることから始めましょう。

 

入学や入社、転勤などで新生活を始める人が増える時期を引っ越し繁忙期といい、「1〜4月上旬頃まで」がこれに該当します。

 

その逆を閑散期といい、おおまかに「4月下旬〜8月頃と12月頃」がこれに該当します。

 

5月の時期は、2月から続いていた引っ越し件数が落ち着き始める頃で、4月下旬頃から引っ越し件数が減り始めるため、引っ越し費用もこれに合わせるように安くなり、希望の日程通りに組めることが多くなっていきます。

 

ちょっと驚く話になるのですが、「同じ荷物の量、同じ条件」で、繁忙期と閑散期とでは費用が2倍以上に跳ね上がることもあるそうです。

 

つまり、引っ越しを安くしたいならば、繁忙期を避けて安い閑散期の時期に引っ越しをするようにすれば安くなるわけです。

 

閑散期を狙って日程が調整できるのかを試してみることが大切です。

 

引っ越しが時期によって料金に違がある

引っ越し閑散期

4月下旬〜8月頃と12月頃

引っ越し繁忙期

1月頃から4月中旬頃まで

 

引っ越しの時期を少しずらすことで、引っ越し費用が安くなれば新居での生活費の足しになりますし、新居の賃貸物件にもすることができるからです。

 

また、不動産の賃貸にも面白いことがあります。

 

引っ越しの閑散期と繁忙期に合わせているわけではないのですが、引っ越しが高い時期に作業を行なうと、新居の家賃相場も高くなっていて、繁忙期を外して閑散期に引っ越しをすると、新居での家賃相場が安いということです。

 

つまり、引っ越しを閑散期にもってくることで新居の賃貸相場も安くなりますので、両方でお得になるということです。

 

下記は、「引っ越し繁忙期(3月)」「引っ越し閑散期」の時期の違いで引っ越し料金がどう違うのかを比較してみました。

 

特に、閑散期と繁忙期での料金の違いに着目してください。

 

引っ越し閑散期と繁忙期で違う単身/家族引っ越しの料金

 

単身/通常期

(2018年時点の価格)

荷物の量 時期 距離
単身引っ越し 通常期 15km以内(市区町村)
平均:33.000円 最安値:15.000円 最高値:143.000円
単身引っ越し 通常期 50km以内(都道府県内)
平均:35.000円 最安値:18.000円 最高値:146.000円
単身引っ越し 通常期 100km(同一地方内)
平均:41.000円 最安値:19.500円 最高値:147.500円

 

単身引っ越し/繁忙期(3〜4月)

(2018年時点の価格)

荷物の量 時期 距離
単身引っ越し 繁忙期(3〜4月) 15km以内(市区町村)
平均:55.000円 最安値:28.180円 最高値:286.000円
単身引っ越し 繁忙期(3〜4月) 50km以内(都道府県内)
平均:60.000円 最安値:30.130円 最高値:292.000円
単身引っ越し 繁忙期(3〜4月) 100km(同一地方内)
平均:71.000円 最安値:34.020円 最高値:295.000円

 

引っ越し業者で家族2人/通常期の引っ越し費用

(2018年時点の価格)

荷物の量 時期 距離
家族2人 通常期 15km以内(市区町村)
平均:40.000円 最安値:15.000円 最高値:168.000円
家族2人 通常期 50km以内(都道府県内)
平均:43.000円 最安値:18.000円 最高値:171.000円
家族2人 通常期 100km(同一地方内)
平均:50.000円 最安値:19.500円 最高値:172.500円

 

家族2人/繁忙期(3〜4月)

(2018年時点の価格)

荷物の量 時期 距離
家族2人 繁忙期(3〜4月) 15km以内(市区町村)
平均:69.000円 最安値:30.000円 最高値:336.000円
家族2人 繁忙期(3〜4月) 50km以内(都道府県内)
平均:74.000円 最安値:34.020円 最高値:342.000円
家族2人 繁忙期(3〜4月) 100km(同一地方内)
平均:86.000円 最安値:38.880円 最高値:345.000円

(参照:引っ越し侍2022年7月更新)

 

引っ越しの時期による料金の違いは大きいようです

 

 

「時期によって費用に違いがあることは聞いていたけど、ここまで違いがあると知らなかったよ」

 

引っ越し費用は、「荷物の量、距離」だけではなく「時期」によっても料金が違って来ます。

 

一般的には、閑散期で単身引っ越しが安いのは10月となり、おおよそ3万円台後半が料金相場となります。

 

つぎに安い12〜1月の時期では、荷物の量が少ない人で3万円半ば〜3万円後半くらいで、荷物の量が多い人でもおおよそ4万円ほどの料金で引っ越しをしているようです。

 

繁忙期でもっとも料金が高くなるのは3〜4月の時期となり、閑散期と同じ引っ越しなのに6〜7万円に高騰することもあるようです。

 

繁忙期ですと、単身引っ越しの3万円〜4万円が6万円〜10万円に値上がりし、家族引っ越しの6万円〜8万円が10万円〜20万円ほどに値上がるといった感じのようです。

 

おおよそ2倍以上の値上げになるということでしょうか。

 

時期による費用の違いはここまで違いがあることに驚きです。

 

時期によってこんなにも違いがあるとなると、なんとか安い閑散期に引っ越しをすることができないのかと考えてしまいます。

 

引っ越しを閑散期にすることで引っ越しと家賃の両方を安する

 

 

「引っ越し費用を安くするための近道は、閑散期に引っ越しをすることのようです」

 

新築・中古別成約賃料指数の推移

(1個あたり・首都圏)

成約賃料指数の推移”参考アットホーム

(参考:アットホーム

 

先にもお話したように、引っ越しオフシーズンと賃貸物件の賃料はほぼ同じように上下するようです。

 

アットホームの「中古別成約賃料指数の推移」を見ると、賃料に対して引っ越し料金の変動がほぼ同じであることがわかります。

 

「春の4月下旬〜8月頃と、引っ越し閑散期の狭間となる12月頃」が引っ越し閑散期となり費用が安くなるのですが、それに合わせるように賃貸物件の家賃も安くなります。

 

また、閑散期の時期は、「引っ越し業者の値下げ交渉」「家賃の値下げ交渉」がし易い傾向にあるようです。

 

もしこの閑散期に引っ越しを予定していて賃貸もするならば、ダメもとで引っ越し費用と賃貸費用の両方を交渉してみることもよいかもしれません。

 

さらに引っ越し費用を安くするためには、「曜日」「引っ越しをする時間」によって引っ越し費用が安くなることもありますので、このような値引きに対応している業者を「引っ越し侍」一括業者見積りサービスから探すことにしましょう。

 

引っ越し費用は曜日でも安くすることができる?

 

 

「引っ越し費用を安くするには引っ越しをする曜日選びも大切です!」

 

曜日別引っ越しスケジュール

サカイ引越センター 引越スケジュール

(参考:サカイ引越センター

 

引っ越し費用は、「時期」のほかに「曜日」によっても違ってきます。

 

上記の引越スケジュールを見てみると、「金・土・日」が比較的に費用が高めで、「月・火・水・木」が費用を安めに設定されているようです。

 

引っ越し業者では、平日に引っ越しをする人が少ないことから料金を下げているようです。

 

ここではサカイ引越センターの「引っ越しカレンダー」を参考にしてみると「赤丸は赤字覚悟」「ブルーは勉強しまっせ!」「なにも書いてなければ通常」のように曜日で割引をしています。

 

このように時期や曜日で費用を安く設定している業者の情報を手に入れることを優先に考えることにしましょう。

 

新しい情報を得るためにも「引っ越し侍」一括業者見積りサービスを利用することができます。

 

なるべく、手間と時間をかけないで情報を集めることができるからです。

 

引っ越し業者の安い時期の料金の違いに驚いた!まとめ
  • 引っ越し費用を安くするには「閑散期」を狙う。
  • さらに引っ越し費用を安くするには「曜日」「引っ越しする時間帯」を上手に選ぶことで費用を安くする。

 


【最新】引っ越し費用を最大50%節約!
サカイ、アリさん、アートなど、あの大手業者も徹底比較!
一番安い引っ越し見積りがわかる!
【公式】 引越し侍2

 

 

ポイントアップキャンペーン!7/11〜7/17

今すぐ確認!

 

 

Amazon激安商品夏用を

今すぐ確認!

 

Amazonプライム会員限定セール!を

今すぐ確認!

Amazonアソシエイト