引っ越し業者大手、中小との違いは?どちらが安いの?

引っ越し業者大手、中小との違いは?どちらが安いの?

Amazonセールで今売れている人気商品をチェック!今すぐ確認!

Alexa(アレクサ)はあなたの生活を便利にする音声アシスタント。
すぐに使える10個の役立つ使い方をご紹介します。
今すぐ確認!

引越し業者大手、中小との違いは?どちらが安いの?

/引越し業者 大手 中小 違い

 

 

 

このページでは、「大手、中小業者の違いとは?どちらが安いの?」「専門業者、兼業業者の違いとは?どちらが安いの?」「引っ越し業者とレンタカーの違いとは?どちらが安いの?」「店長シバのレンタカー引っ越し一択で失敗」をまとめていきます。

 

大手、中小業者では、どちらが希望通りの引っ越しをできるのかは規模だけで判断することは間違っています。

 

最近では、大手業者一択になるような選び方が中心になることが多いのですが、規模よりも自分の希望通り、と言うことを意識して、規模に関係なく、広く業者選びをすることが大切なのではないでしょうか。

 

ここページでは、大手、中小業者のどちらからも選ぶことができるように、費用を優先したランキング形式で業者を選ぶのではなく、大手、中小業者の選び方が均等になるような方法で一括業者見積り試していきました。

 

なぜならば、大手業者には大手のメリット・デメリットがあり、中小業者には中小のメリット・デメリットがあるからです。

 

特に、「大手、中小業者の違いとは?どちらが安いの?」「専門業者、兼業業者の違いとは?どちらが安いの?」「引越し業者とレンタカーの違いとは?どちらが安いの?」「店長シバのレンタカー引越し一択で失敗」など、引っ越しをするときに興味ある内容としてまとめてみました。

 

  • 大手、中小業者の違いとは?どちらが安いの?
  • 専門業者、兼業業者の違いとは?どちらが安いの?
  • 引越し業者とレンタカーの違いとは?どちらが安いの?
  • 店長シバのレンタカー引越し一択で体験した失敗

 

 

引っ越し業者って大手、中小業者あるんだど、どちらを選べばよいのか迷うよね。自分が希望することは、希望通りの引っ越しができるだけなんだけどね。

 

 

大手、中小業者では、どちらが希望通りの引っ越しをできるのかは規模だけで判断することは間違っています。

 

最近では、大手業者一択になるような選び方が中心になることが多いのですが、規模よりも自分の希望通り、と言うことを意識して、規模に関係なく、広く業者選びをすることが大切なのではないでしょうか。

 

 

大手、中小業者の違いとは?どちらが安いの?

 

引越し業者には、大手、中小業者のように規模の違う業者がありますので、どちらが安いのかは興味のあるところです。

 

店長シバが思いますに、業者の規模の大小で安いか高いのかを選ぶのではなく、自分の荷物の内容と業者のサービスの内容が適合性で検討することが大切ではないかということです。

 

たとえば、自分の引越しが、「荷物は少なく」「距離が遠い」とするならば、荷物に関しては、大手、中小業者のどちらが自分の引越しにピッタリの車両やプランを持っているのかで比較します。

 

距離に関しても、大手、中小業者のどちらの業者が自分の引越しにピッタリの車両やプランを持っているのかで比較します。

 

一言で言いうと、自分の引越し荷物と業者との相性が合っているかどうかではないでしょうか。

 

この例に関して引越し侍一括業者見積りで費用のシュミレーションをしてみると、同じ条件で引越しが安くなる傾向があるようです。

 

「荷物は少なく」「距離が遠い」という条件で、「引越し単身パック」というサービスです。

 

このサービスは、サイズの決まっているカーゴに収めて運ぶことで料金が安くなり、距離に関しては、同じ方向のトラックに他に人の荷物と一緒に混載することで安くなる混載便(大手に多い)というサービスを組み合わせることで費用を安くしています。

 

このような引越しでは、大手業者のように規模が大きい業者が得意としていることから、大手業者のほうが費用が安くなるようです。

 

また、「荷物は少なく」「距離が近い」ならば、小中型トラックを主力にした、地元などの近場を中心に引越しをする中小業者の方が、広告コスト、会社運営コストを掛けていない分安い料金になることもあるようです。

 

「引越し侍」一括業者見積りで、費用を優先してシュミレーションをすれば、大手、中小業者の見積り料金比較からどちらが安いのかわかるのですが、問題なのは、大手、中小業者のどちらに見積りを依頼しているのかわからない点です。

 

大手業者に偏った見積り結果となるならば、大手業者ばかりと相見積り、競合になりますので、値引きやサービスに関しても偏った結果になることが多くあるからです。

 

できれば、大手業者とコストが違う中小業者もふくめて、偏りをなくしたかたちで相見積りや競合をだしていくやり方が最善と考えます。

 

引越し侍一括業者見積りでは、偏りをないように業者指定で選ぶことができる「引越しネット予約サービス」の方法でもシュミレーションを試してみましょう。

 

引越し侍 引越しネット予約サービス

 

 

大手引越し業者向き

荷物が少なく単身パック利用可能の場合

やや大手引越し業者向き

荷物が少なく距離が長距離の場合

やや中小零細業者向き

荷物がそんなに多くはない場合

やや中小細業者向き

距離が長距離の場合

「やや」としたのは、大手、中小業者に限らず、どちらも対応可能な場合があること。

 

専門業者、兼業業者の違いとは?どちらが安いの?

 

引越し業者の大手、中小業者との費用の違いを考えるならば、専業業者と兼業業者の違いも比べておきましょう。

 

「専門業者、兼業業者って何のこと?」と思う方も多いのではないでしょうか。

 

引越し業者には、専門業者と兼業業者のふたつがありますが、この業者の違いを比べていきます。

 

専門引越し業者とは、名前からもわかるように業務の中心が引越しであり、引越しを専門的に行う業者のことを指しています。

 

テレビCMで見かけるような引越し業者であれば大抵は専門業者に当てはまり、年間を通して引越しのみ行うことから引越しの知識や技術力も高く、利用する上で安心して任せることができるのがこの専門業者となります。

 

専門で業務を営むため様々な引越しに対応できるメリットを持っている場合があります。

 

このようにして、引越し用の梱包資材や運搬用の特殊機材などを自社で開発していることも多く、「他ではちょっと無理」と言われるようなイレギュラーな引越しの場合でも対応が可能なことが多くあり、その点でも安心して引越し作業を任せることができます。

 

その一方で兼業引越し業者とは、通常は運送業務を行い引越しの注文があった時のみ、引越し業務を請け負う形が兼業会社となります。

 

運送業務とはトラックでの長距離移動などを指しており、普段は基本的に運送屋として仕事を請け負っているのですが、その時々で依頼に応じて引越しも行うことから、仕事を兼ねる意味合いで兼業と呼ばれています。

 

この兼業業者の場合は、日常的に引越しを行うわけではないため技術面での不足がある場合も多いのですが、その一方で無駄に広告、資材、人件費などの経費が必要ないために価格が安いことがある、などのメリットがあることも特徴となります。

 

この違いに関しては、引越し料金を安さ一点だけで考えるのならば、地元密着の兼業業者の方が有利になるのですが、安心も欲しいという方でしたら大手引越し業者を選ぶことにしましょう。

 

旅行にたとえれば、現地ガイドや保証など至りつくせりの大手旅行社に高い費用を払って安心して旅行をするのか、飛行機はLCC、ホテルはExpediaを使って自分で予約する方法との違いくらいあるのかもしれません。

 

どちらが安いのかの質問に対しては、上記の理由から兼業業者にメリットがあるように思うのですが、引越しする方の条件によっては専業業者の方が安いということもありますので、実際に「引越し侍」の一括業者見積りから見積り依頼をして比べてみることが大切となります。

 

なぜならば、専門業者の場合は、兼業業者が真似をすることができないような引越しプランを持っていることがあるからです。

 

そのひとつに挙げることができるのが「引越し単身プラン」です。

 

このプランは、条件をクリアーできた引越しに限定される費用の安いプランですので、この条件にクリアーできるならば専門行の方が費用が安くなるというわけです。

 

単身引越しで上記の条件をクリアーできないのであれば、専門引越業者と兼業引越業者の両方の料金見積りを取って比べていきましょう。

 

ですが、「どれが専門業者、兼業業者なのかわからない」というのであれば、引越し見積りに業者の偏りがない「引越しネット予約サービス」から見積り依頼を初めても良いと思います。

 

引越し業者とレンタカーの違いとは?どちらが安いの?

 

単身引越しをする際に、多くの方が費用を安くするために考えることはレンタカー引越しです。

 

店長シバは、4回ほど単身引越しをレンタカー一択でやってきました。

 

引越し業者を知らなかったといいますより、このくらいの荷物の量で引越し業者に依頼するならば、費用が安くなるレンタカー引越しでやってしまおうと考えたからです。

 

費用に関してだけで言うならば、引越し業者に依頼するより、レンタカーで引越しをするほうが安くなると思います。

 

確かに、レンタカーの費用だけに関して言うならば安かったのですが、それ以外の出費もありました。

 

たとえば、「手伝いをしてくれた友人には食事代金+交通費を含めて一人当たりおよそ3000〜5000円程度の謝礼を包む事になったり」「引越しが終った後には皆で夕食を食べる」などのようにお金がかかることもあったからです。

 

一方で、引越し業者に作業を依頼した場合は、そのような想定外の費用はほとんどかかりませんし、作業を手伝ってもらった人に気を遣うことも、事故のリスクもありません。

 

どちらの方法に決めるのかは、両方のメリット、デメリットを考えたうえで、料金比較をしてみることにしましょう。

 

「引越し侍」一括業者見積りは無料でもできますので、気軽に料金シュミレーションを試してみることが大切です。

 

店長シバのレンタカー引越し一択で体験した失敗

 

皆さんは、レンタカーを借りて引越しをしたことがあるでしょうか。

 

ほとんどの人は料金が安いし、荷物の量もそんなに多いわけではないのでチャチャッとレンタカーでやってしまおうと考えるのではないでしょうか。

 

ただレンタカー引越しを考えるのと、実際にレンタカーで引越しするのとではかなりの違いがあります。

 

ほとんどの人が、「レンタカーを借りてきて」「荷物の搬出、搬入をすればよいんでしょ」というのですが、実際のレンタカー引越しでは、旧住宅、新居の両方の養生の手配、段ボールの手配、台車の手配の手配、雨の時の幌の手配までも立てておかなければなりません。

 

他にも、荷物を積むにしても積み方や、荷物を固定するロープのかけ方も知らないとまともに荷物を運ぶことすらできません。

 

店長シバは、ロープの積み方を勉強するために、YouTubeの動画で何度も練習をしたくらいです。

 

トラックのロープのかけ方が一番の困りごとでした

 

ロープかけは、トラックが止まっているときにロープで固定できていると思っても、トラックが走りだすと信じられないくらいロープが緩んできますので、ロープ掛けを習うことは必須です。

 

下記は、当時店長シバの見た動画と違いますが、勉強になると思いこれをアップをしました。

 

ですが、1回見ただけではなく、実際のロープかけではどうしても練習が必要になると思います。

南京結び(トラックの荷台に資材を括り付ける方法)

 

驚いたのは、借りてきたトラックの状態です。

 

 

これがマニュアルギアで、しかも年式も古いトラックなんですよ

 

慣れないトラック、マニュアルギア、パワステじゃないハンドル、経験のない位置にあるサイドミラー、荷物で後ろが見えないバックミラー、これで事故を起こさないなんてどうしたらよいのかといった感じでした。

 

しかも、荷物の積み下ろし作業では、慣れない台車にロープ掛け、段ボールも有料で、トラックの予約も待ちで数人が待っているようでした。

 

これだけでも疲れてくるように感じませんか。

 

ですので、勢いでいきなりレンタカー引越しを決めるのではなく、一度立ち止まって「引越し侍」一括業者見積りから料金比較をしてみることをおススメします。

 

その結果、「やや費用が高い」「ちょっと高い」くらいならば、迷わずに即決で引越し業者の依頼する方法で決めましょう。

 

あと、レンタカー引越しでの失敗の反省になるのですが、引越し作業では、ついうっかり壁やフローリングに荷物をぶつけて傷をつけるなんてこともありました。

 

トラックから荷物を下ろすときに、そのまま地面に落としてしまい、その時のキズが今でも記念に残っています。

 

このように引越し中に事故が起きたときに、車の保険はかけてありましたが、引越しの保険はかけていませんでしたので、なんかあればすべて自分の自己責任となってしまいます。

 

荷物の少ない単身引越しですと、「このくらいの荷物ならば引越し業者に頼まなくてもなんとかなると軽く考えていたこと」「引越し業者に引越しを頼むことに抵抗感があったこと」「一人での引越しは大変だけど他の人に気を遣うわけではないからこれでよい」と思ったことも、すべて反省となりました。

 

Amazonセールで今売れている人気商品をチェック!今すぐ確認!

Alexa(アレクサ)はあなたの生活を便利にする音声アシスタント。
すぐに使える10個の役立つ使い方をご紹介します。
今すぐ確認!