後で料金が違う、急な引越しでぼったくられないとは

後で料金が違う、急な引越しでぼったくられないとは

Amazonビックセール!「ブラックフライデー」12月1日(金)23:59まで!

ブラックフライデーセールとは:アメリカで感謝祭の翌日を指す言葉で、日本でもAmazonのブラックフライデーは、「お得な商品が盛りだくさん!欲しいものが必ず見つかる!」と、多くのユーザーから支持されています。この機会に、ぜひお買い物をお楽しみください。詳細はリンクからご確認ください。


Amazonランキングでみんなの人気商品をチェックしておく!

Amazonランキングとは:売れている商品は、多くの人が購入しているということなので、売れている商品を選ぶことで失敗のリスクを減らすことができます。詳細はリンクからご確認ください。

引越しでぼったくられた!?

引越し ぼったくられた

 

 

 

引越しでぼったくられたと思うトラブルでは「一括業者見積り後に料金に差異が出る理由とは」、「急ぎの引越しで足元を見られるとは」などがあります。

 

まず、引越し相場を知るために「関東運輸局サイト」から引越し相場についての内容を確認をしてみました。

 

一括業者見積り後に料金に差異が出でぼったくられた気分になった?

 

インターネット上でサービスを展開している「引越し業者一括業者見積りサービス」は、引越し費用を下げるために利用したいサービスです。

 

ですが、業者によっては、見積り料金の詳しい提示を避けることもあるようです。

 

その理由を聞くと、「実際に訪問して荷物の量を見てみないと正確な料金は分からない」だからだそうです。

 

店長シバは、引越し業者のこのような言い訳に、ぼったくられるのではないかと不安を感じました。

 

だって、複数の業者の料金を比べるために一括業者見積りを利用しているのに、正確な見積り料金を提示することができないというからです。

 

料金がわからなければ、料金を比較すること自体無理なことだと思うからです。

 

ではなぜ引越し業者では正確な見積り料金を提示することができないのでしょうか。

 

引越し業者側の言い訳である「実際に訪問してみなければ分からない」という話しはある意味では正しいからです。

 

というのも、一括業者見積りサービスで自分の荷物を入力しても、実際に段ボールに詰めてみると思ったよりも詰め込むことができず、想定したよりも箱数が多くなることが往々にしてあるからです。

 

また、業者側では荷物の量により車の大きさや台数などを考慮したり、周辺の道路状況や運搬ルート、集合住宅であれば階数やエレベーターのサイズなどからも料金の計算に大きく関係してくるからです。

 

ですので、ネットだけからの見積り料金の概算では、正確な見積り料金を提示することができないというわけです。

 

ある意味、これは仕方のないことではないでしょうか。

 

どうしても正確な料金を知りたいということで、無理して業者側が予想される料金提示をするとどうなるでしょうか。

 

それが元で、料金に差異が出たりすることことから大きなクレームに発展することにもなります。

 

こうしたさまざまな理由から、業者側は正確な見積り料金を出したくないということもあるようです。

 

以前、店長シバの単身引越しでは、一括業者見積りの結果から「このくらいの料金になるだろう」と予想していたところ、実際では荷物の量の関係で、初期の見積り料金と大きく差異が出てしまい困ったことになったことがありました。

 

このように、現場と荷物を見てもいないで見積り料金を算出することはとても難しいということです。

 

できれば、このようなことにならないようにするために、自宅に来て見積り料金を計算する訪問見積りのサービスを試してみることをおススメします。

 

これは何かといいますと、引越し営業が自宅に直接やってきて見積り料金の計算をする無料サービスです。

 

これを利用することで、正確な見積り料金を知ることができますので、後々の料金トラブルを防ぐことできるわけです。

 

急ぎの引越しはぼったくられることもある?

 

項目名 引越し業者を慌てて手配をした場合
思いついた引越し業者に手配する あくまでも思いつきで引越し業者に依頼することになり、業者も予定していない作業となるため、その分手間が増えることから多少高い費用を請求されることもある。
一括見積もりから業者に手配する 一括業者見積りから依頼した瞬間に、業者同士で競合を意識した費用となるため、費用的に有利になることが多い。

 

会社員の人ですと、急な転勤で引越しをすることが意外と多いのではないでしょうか。

 

急に引越しをするということですので、業者の手配をどうしたら良いのか困ることもあるのではないでしょうか。

 

勢いあまって、知らない引越し業者のところに行って、急ぎの引越しをお願いするとどうなるでしょうか。

 

引越し業者側としては、予定もしていなかった引越し作業がいきなり増えるわけです。

 

今まで予定していたスケジュールを見直し、余っている作業員をこちらにまわしたり、配送するトラックに都合をつけたりと、引越し業者側も困った状態になるのかもしれません。

 

業者側としては、「こんなに一生懸命あなたの引越し作業に対応をしてあげているのだから、頑張った分の報酬を少し高めにいただきたい」と思ってもそれはごく自然ではないでしょうか。

 

結局、急な引越しを依頼する方が悪いということから、幾分高い費用になることが多くあるようです。

 

ですが、「引越し侍」一括業者見積りを利用すれば話は逆になります。

 

「こんなに一生懸命あなたの引越し作業に対応をしてあげた」ではなく、「引越し作業を依頼していただきありがとうございます」と、お客様対応に変わるのです。

 

お客様になることで、どんなメリットがあるのでしょうか。

 

対応ばかりではなく、引越し費用の見積り料金に関しても違いがでてきます。

 

「お客様対応、早く対応をしてもらえる、費用も安くなる」と、まさに3拍子の状態です。

 

これをラッキーと言わず、何をラッキーというのでしょうか。

 

引越し相場を関東運輸局サイトから確認してみました

 

引越し ぼったくられた

 

店長シバもいつも大事にしている言葉があります。

 

「買取にしても、販売にしてもすべては物の相場を知ること」です。

 

物の値段には必ず相場というものがあって、それを元に、「時期、引越しタイプ、引越しの距離」などを含めて料金の計算をしていきます。

 

ですので、引越しでぼったくられないように、基本となる引越し相場を関東運輸局のサイトへ行って確認してみたわけです。

 

まずは、引越しに対して関東運輸局がどんな相場を提示しているのかを知っておくだけでも、引越し業者との料金交渉では強い味方となります。

 

引越しのモデル運賃・料金相場

国土交通省関東運輸局では、引越し費用の相場に関しての平均的なデーターを発表しています。

参照:関東運輸局のサイトに基づくデーター

 

引越し業者ごと、引越しする内容によっても料金に違いがあります。

 

国土交通省関東運輸局のサイトに基づく引越し相場
単身向け引越し(一階 1k〜1Dk)  家族向け引越し(一階 2DK〜3DK)

50.000〜60.000円円

 

100q程度
2屯車1台 
運転手1名 
作業補助1名

100.000〜120.000円

 

100q程度
4屯車1台 
運転手1名 
作業補助2〜3名

 

他にも、条件によって料金の違いがでますので、それを加味して見積り料金を考えていくことになります。

 

国土交通省関東運輸局では、「複数の業者から見積りを取り、比べてみるとわかりやすいので、納得が いくまで話し合って引越し作業を決めることが後々でのトラブルを少なくする」と言っています。

 

まずこれをするためには、「一括業者見積りから業者の相見積りを取り、その金額を比較して自分の引越しに一番の業者を選ぶ」ということです。

 

付帯サービスでの相場
付帯サービスでの相場
ピアノ運送 40.000〜50.000円(運送距離100q程度)
乗用車運送 25.000〜35.000円(運送距離100q程度)
冷暖房器具の取外し 5.000〜15.000円
冷暖房器具の取付け 15.000〜25.000円

 

この表からだいたいの相場を知ることができるのですが、相場という意味では、荷物の量、時期、引越しをする曜日、時間、距離、引越し業者による違いもあることから、最終的には「引越し侍」の一括業者見積りを利用することで、見積り料金を相見積りして比較していくことにしましょう。

 

また、見積り料金の比較では、業者側が提供している割引キャンペーンも含めて比較していきましょう。

 

他にも、交渉競合で費用が安くなることもあります。

 

 

Amazonビックセール!「ブラックフライデー」12月1日(金)23:59まで!

ブラックフライデーセールとは:アメリカで感謝祭の翌日を指す言葉で、日本でもAmazonのブラックフライデーは、「お得な商品が盛りだくさん!欲しいものが必ず見つかる!」と、多くのユーザーから支持されています。この機会に、ぜひお買い物をお楽しみください。詳細はリンクからご確認ください。


Amazonランキングでみんなの人気商品をチェックしておく!

Amazonランキングとは:売れている商品は、多くの人が購入しているということなので、売れている商品を選ぶことで失敗のリスクを減らすことができます。詳細はリンクからご確認ください。