悪質業者を見分けるポイント!こんな業者には気をつけよう

悪質業者を見分けるポイント!こんな業者には気をつけよう

【最新売れ筋ランキング公開!】今、みんなが買ってるAmazon人気商品TOP10!今すぐ確認!

【Amazon最新リリース商品大公開!】見逃せない注目アイテムBEST5!今すぐ確認!

Alexa(アレクサ)はあなたの生活を便利にする音声アシスタント。
すぐに使える10個の役立つ使い方をご紹介!
今すぐ確認!

こんな業者には気をつけよう!

 

 

 

引越しは人生の中でも大きなイベントの一つです。しかし、悪質な引越し業者に依頼してしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

 

このページでは、悪質な引越し業者の手口や、悪質業者を見分けるポイント、そしてトラブルになった時の対策として相談する窓口について詳しく解説します。

 

特に、悪徳と言える引っ越し業者の手口はさまざまですが、一括引越業者見積りから選んだ引っ越し業者ならば、このサービスを展開している「引越し侍」が参加している業者を管理をしていますので安心と言えます。

 

ただ、「どうしても解決が難しい」と思ったら、トラブルの時に力になってもらえる機関国民生活センターに迷わず相談することです。

 

引越しを控えている方は、ぜひ参考にして、安心安全な引越しを実現してください。

 

  • 悪質な引越し業者の手口
  • 悪質業者を見分けるポイント
  • 見積りの段階で見分けるポイント
  • 契約前に確認しておきたいこと
  • トラブルになった時の相談窓口
  • 悪質業者とトラブルになりそうな時に力になってもらえる機関
  • 店長シバも経験したお金のトラブル失敗談

 

悪質な引越し業者を見分けるポイント!こんな業者には気をつけよう

 

「悪質な引越し業者ってなんだか壊そう。何にも考えていないけど大丈夫なのかなぁ」

 

「一括引越業者見積りから選んだ引越し業者でだったら、「引越し侍」が参加している業者の管理をしているので安心だよ」

 

 

引越し業務を取り扱う業者はどこも同じように見えますが、少数ではあるものの悪徳業者もいますので、依頼をする際には気をつけなければなりません。

 

引越し業者 悪質

転居に際しては荷物を運ぶのに技術が必要になりますし、新居を傷つけたり荷物を壊すなど万が一の事故が発生した場合に会社が保険に加入していなければ保障を受けられないケースもあります。

 

悪徳な業者を見分けるにはどこがポイントとなるのでしょうか。

 

またどんな業者に気をつけると良いのでしょうか。

 

まず、初めにホームページを見ることになるのですが、割引額がやたら大きいことを宣伝しているという場合は、悪徳業者を見分ける場合のポイントのひとつとなります。

 

安いというのは消費者にとって嬉しいことですが、安さにもおのずと限界があるもので、この業界ではほぼ原価や必要経費が決まっていますので、その常識を超えた値下げというのはそもそも無理であるといえます。

 

不動産やネット光回線など他の業種によるビジネスが絡んでいる場合は安く済むこともあるのですが、引越し業者だけの費用から安さを強調している場合は後に見積りで提示された価格より過大に請求されてしまうことがあったり、自身が知らないところで費用が発生していたりという事もあるので気をつけなければいけません。

 

またホームページ上で会社の使うトラックが写されていたらナンバープレートが緑か黒になっているかどうかという点をチェックすることでも悪徳業者を見分けるポイントとなります。

 

ちなみに、白ナンバートラックでは貨物保険に入れませんし、業務用として使用できませんのでもぐりの業者である可能性が高くなります。

 

最近の事例では、安い見積りを提示していた引越し業者の見積書を良く確認すると、下のほうに小さく見えにくい字で追加料金の規定が書かれてあったそうです。

 

たとえば、見積書の提示料金は引越し作業だけの料金で、引越し作業に必要な段ボール、養生、そして、増えた分の荷物まで割高な追加料金として別途請求されて、結局他に依頼するより高くついたこともあったそうです。

 

そうならないように、なるべく信頼がおける引越し業者を選ぶことをお勧めします。

 

たとえば、一括引越業者見積りから選んだ引越し業者でしたら、このサービスを展開している「引越し侍」が参加している業者の管理をしていますので安心と言えます。

 

 

悪質な引越し業者を見積りの段階で見分けるポイントとは

 

引越し業者で悪徳業者の存在はあまり聞いたことがないかもしれませんが、契約にいたる以前に見積りの段階で業者の異常性に気がつかされることがあります。

 

実際には、どのような見積り例があるのでしょうか。

 

まず、料金を提示する際にわざとらしく「通常よりも大きく割引をした」と風潮したり、「今回限りの価格」だと説明するケースがあるのですが、特に割引を強調するのは実際にあった悪徳業者の見積り例としては多く見受けられます。

 

実は、こうした業者の場合はあらかじめ高い金額を設定しておき、そこから値引きしたことでお得であると錯覚させることが常套手段となります。

 

この値引き後の価格に関しても、相場の引越し費用から見れば高額である場合も多く、結果として出費が増え、逆に損をする事になりますので、このような引越し業者は早い段階で候補から外しておくと良いでしょう。

 

他にも、実際にあった悪徳業者の見積り例としては、まだ契約していない段階であるにも関わらず資材サービス品として段ボールなどの梱包材を置いていくケースもあります。

 

特定の業者が決まっていないのでしたらこの場合は受け取りを拒否しなければなりません。

 

契約以前に渡されるこの手の資材サービス品は、受け取ると契約予約をしたものとみなされることもあるため、後になり提示された料金が納得できず断ろうとしてもキャンセル料を請求されることもありましたので注意が必要です。

 

この資材サービス品を置いていく行為は、大手引越し業者でもありますので資材サービス品を置いていこうとしたときに安易に受取らないようにするか、契約したことにならないかをしっかり確認しておきましょう。

 

また、口だけですとなんとでも言えますので、確認したことは、できるだけ書面に明記しておくとか、相手に一筆書いてもらうくらいの注意をすることが大切です。

 

「なにもそこまでして気をつける必要があるの」

 

と、思うかもしれませんが、「他の人のトラブルは、間違いなく自分のトラブルにもなる」からです。

 

悪質な引越し業者とトラブルになりそうな時に力になってもらえる機関

 

引越し退去時、引越し業者や貸主との間でトラブルになりそうな場合って意外とあるものです。

 

どうしても当事者同士で解決できなかったりするならば、国民生活センターに相談することにしましょう。

 

国民生活センターでは、賃貸のトラブルの他に消費生活全般に対して、公正な立場で専門の相談員が対応してくれます。

 

また、「この事例はどこに相談すればよいか」がわからなければ消費者ホットライン188へ問い合わせて相談窓口を案内してもらいましょう。

 

店長シバも経験したお金のトラブル失敗談

 


以前ですが、金券ショップ店長シバは賃貸物件のお金の件でトラブル一歩手前までいったことがあります。

 

どう考えても自分の方が正しいという結論を出してしまっていましたので、「相手の対応が良心的でない」と決めつけてしまったようでした。

 

早速、国民生活センターに連絡をして、今起こっているトラブルの内容を説明したのですが、何を思ったのかアドバイススタッフは余計なことは言わずに「あと3日間様子をみて状況が変わらなければ、そのときに再び相談にのりましょう」と仰いました。

 

焦っていて「今すぐにでも解決したい」という気持ちが強くあったため、もう少し待つことが出来なかったようです。

 

国民生活センターにアドバイスをした翌日に約束のお金の振り込みがありました。

 

どうして、もっと余裕を持って待つことが出来なかったのか、あとで考えると恥ずかしくなるような反省の出来事でした。

 

こんな小さな相談にもかかわらず、アドバイススタッフは公正な立場で対応してくれました。

 

自分に身に何かのトラブルが起こった時は、国民生活センターで相談するのは最善策のようです。

 

【最新売れ筋ランキング公開!】今、みんなが買ってるAmazon人気商品TOP10!今すぐ確認!

【Amazon最新リリース商品大公開!】見逃せない注目アイテムBEST5!今すぐ確認!

Alexa(アレクサ)はあなたの生活を便利にする音声アシスタント。
すぐに使える10個の役立つ使い方をご紹介!
今すぐ確認!