二つ目は引っ越し費用を安くする裏技!訪問見積もりで競合させて賢く節約しよう

二つ目は引っ越し費用を安くする裏技!訪問見積もりで競合させて賢く節約しよう

 

 

ポイントアップキャンペーン!7/11〜7/17

今すぐ確認!

 

 

Amazon激安商品夏用を

今すぐ確認!

 

Amazonプライム会員限定セール!を

今すぐ確認!

Amazonアソシエイト

二つ目の競合では、自宅訪問見積り時に競合をすることで費用を安くするチャンスに変える

引っ越し 料金交渉

 

 

「店長シバが試してみたこと」

 

2024年問題の影響で引っ越し費用は高騰しています。

 

そんな今だから賢く節約できる方法を知っておきましょう。

 

このページでは、自宅訪問見積もりを有効活用して、引っ越し費用を安くする方法を紹介します。

 

自宅訪問見積もりとは、電話やインターネットでの見積もりとは異なり、荷物の量を正確に把握できるため、より正確な見積もりを得ることができます。

 

引っ越し業者がお客様の自宅を訪問し、荷物の量や搬送距離などを確認して、見積もりを作成するサービスです。

 

この機会を利用して、費用や段ボール増量などの交渉を行うことにしましょう。

 

実際の交渉では、複数の業者を比較検討し、競合させることで、大幅に費用を抑えることをトライしていきます。

 

この記事では、店長シバの経験を踏まえ、自宅訪問見積もりで成功するための方法を詳しく解説します。

 

自宅訪問見積もりで賢く節約して、快適な引っ越しを実現しましょう!

 

店長シバが試してみたこと

店長シバは、訪問見積りの機会を利用して、引っ越しを安くするために業者との交渉を試してみました。

 

まず、一括業者見積りサービスを活用して複数の業者に見積もりを依頼しました。

 

ここまでは、他と同じですが、ここからは意識的に業者の営業を接触をする機会を作り、直接交渉をすることで費用を安くすることを考えました。

 

最初に、費用の割引額を決めてしまうようにしたため、これが自分へのプレッシャーとなり、その結果、当初の見積もりよりも20%安くすることができました。

 

実際の交渉に際しては、それぞれの業者に対して、以下の点を交渉しました。

 

引っ越し業者への交渉の手順

  • 見積もり内容の不明点を質問する
  • 他の業者よりも安い見積りを出している業者があれば、その見積りを提示して値引き交渉をする
  • 段ボールの数を増やしてもらう
  • オプションサービスの割引を依頼する

 

これらの交渉の結果、店長シバは当初の見積りより20%安くできましたことから、ほぼ希望通りの引っ越しを行うことができたというわけでした。

 

自宅訪問見積りで競合させる方法
自宅訪問見積りで業者を競合させる方法は、業者と競合しながら交渉をしていきます。

 

実際では、2から3業者ぐらいに絞り、時間配分を考えながら業者との競合をしましょう。

 

具体的な交渉では、費用を安くすること、段ボールの数が足らなければ増量、他にも要求することがあれば交渉をしていきましょう。

 

また、交渉をするのは契約を前にすることが大事です。

 

なぜならば、契約する前と後では、同じ交渉をするにしても業者側の対応が違ってくるからです。

 

自宅訪問見積りで競合するには、以下の点に注意しましょう。

 

自宅訪問見積りで競合するときの注意点

  • 一括業者見積りサービスで複数の業者から見積もりを取る
  • 見積もり内容を上から下までしっかりと確認して料金比較をする
  • 不明点は遠慮なく質問する
  • 2から3業者に絞り、時間配分を考えて値引き交渉を行う
  • 交渉は必ず契約前にすべて行う

 

費用交渉のポイント

費用交渉を行う際には、以下の点に注意しましょう。

 

費用交渉を行うときの注意点

  • 一括業者見積りサービスを活用して複数の業者の詳細を調べおく。
  • 具体的な料金を提示して交渉をする
  • 複数の業者から見積りを取っていることを相手の業者に伝える
  • けして強引な態度で相手と接しない

 

上記のように、具体的な料金を提示したり、他の業者から見積りを取っていることを相手に伝えることで交渉がスムーズに進みます。

 

まず、自分の希望する料金を業者に提示するところから始めてみましょう。

 

そして、希望の数字が出なかった場合は、他の業者から見積りを取っていることを相手に伝えて割引交渉をしていく手順がよいでしょう。

 

また、強引な態度で相手を接してしまうと、逆効果になる可能性がありますので、あくまでも丁寧な態度で交渉することが大切です。

 

自宅訪問見積りでできること

自宅訪問見積りでは、費用交渉ができるメリットがあるのですがデメリットもありますので注意をしましょう。

 

自宅訪問見積りのメリット

  • 自宅訪問見積りのサービスは無料できる
  • 荷物の量を正確に把握して見積り計算ができる
  • 費用を安くする交渉ができる
  • 段ボールの数量を増やす交渉ができる
  • 引っ越し作業に関する相談をすることができる
  • 万が一、荷物の量のトラブルでも業者側の責任にすることができる

 

自宅訪問見積りでは、業者担当者が自宅に訪問し、荷物の量を正確に把握するメリットがあります。

 

その結果、より正確な見積りを算出することができるとともに、業者の営業と直接会うことができますので、費用を安くする交渉がしやすくなります。

 

また、段ボールの数量を増やしてもらったり、引っ越し作業に関する相談をすることもできるメリットもあります。

 

万が一、実際の引っ越しの際に、荷物の量で問題が発生したとしても、自宅訪問見積りをしていますので、すべての責任を業者側に持ってもらえることから安心な方法です。

 

ただ、最近では、自宅訪問見積りと同じようなリモート見積りもありますので注意が必要になります。

 

なぜならば、このリモート見積りは、業者が自宅に来訪するのではなく、携帯動画を活用して見積りを取る方法だからです。

 

自宅訪問見積りのデメリット

  • 押しの強い営業に乗せられる
  • 他の業者と競合することが難しくなる

 

自宅訪問見積もりでは、押しの強い営業に乗せられてしまう可能性があります。

 

なぜならば、相手の営業も競合することは想定内ですので、その対策をしている場合もあるからです。

 

例えば、無料段ボール、相当品などの品物を自宅に置いていこうとします。

 

これらの行為は、他の業者にされないための予防策ですので、もし他の業者を考えているならば、このような無料品を受け取らないようにしましょう。

 

また、事前にしっかりと他の業者の情報や見積り料金などの比較を行い、冷静な対応することが大切です。

 

まとめ

自宅訪問見積りは、引っ越し費用を節約するための有効な手段です。

 

ですが、上記のようなデメリットもありますので、デメリットを対策を準備し、自宅訪問見積りを最大限に活用するために、以下の点に注意しましょう。

 

1. 複数の業者から見積りを取る
自宅訪問見積りを受ける前に、一括業者見積りサービスなどで複数の業者から見積りを取って料金比較をしておきましょう。

 

そうすることで、それぞれの業者の見積り内容を比較することができ、費用を競合させることができるからです。

 

2. 事前にしっかりと情報収集を行う
訪問見積りを受ける前に、引っ越し業者の口コミや評判などを調べておきましょう。

 

そうすることで、押しの強い営業に惑わされることなく、冷静な判断をすることができるからです。

 

特に、押しの強い営業に遭遇して納得のいく交渉ができなかった、などのような案件は口コミなどの掲載されていることが多いからです。

 

3. 自宅訪問見積りを受ける前に、他の業者から見積りを取っていることを伝える
自宅訪問見積りを受ける前に、他の業者からも相見積りを取っていることを相手に伝えましょう。

 

そうすることで、業者が競争意識を持ち、より良い見積りを出してくれる可能性が高くなるからです。

 

4. 不明点は遠慮なく質問する
見積り内容に不明点があれば遠慮なく質問しておきましょう。

 

曖昧なまま契約してしまうと、後でトラブルの原因になる可能性があるからです。

 

5. 強引な態度で相手を接しない
相手の営業とは丁寧な態度で交渉しましょう。

 

強引な態度で相手を接してしまうと、逆効果になり、費用の割引交渉も失敗する可能性が高まるからです。

 

6. 契約前に見積り内容をよく確認する
契約前に、見積り内容をよく確認しておくことが大事となります。

 

もしかすると、この内容が一番大切なことかもしれません。

 

と言いますのは、多くの引っ越し業者は契約前ですと交渉することが可能ですが、契約後ですと交渉をすることすら難しくなるからです。

 

ですので、必要な事項を紙に書きだして、不明な点、要求する内容などが無いようにしておきましょう。

 

7. 契約書にサインをする前に内容を十分に理解する
契約書にサインをする前に、見積りの内容を十分に理解しましょう。

 

分からない点があれば、遠慮なく質問しましょう。

 

8. 契約後もこまめに連絡を取る
契約後も、担当する営業とはこまめに連絡を取り合いましょう。

 

引っ越しに関する不安や疑問があれば、遠慮なく業者に相談しましょう。

 

これらの点に注意することで、自宅訪問見積りを最大限に活用し、賢く節約することができます。

 

自宅訪問見積もりは、引っ越し費用を節約するための有効な手段です。

 

デメリットも理解した上で上手に活用することが大切です。

 


【最新】引っ越し費用を最大50%節約!
サカイ、アリさん、アートなど、あの大手業者も徹底比較!
一番安い引っ越し見積りがわかる!
【公式】 引越し侍2

 

 

ポイントアップキャンペーン!7/11〜7/17

今すぐ確認!

 

 

Amazon激安商品夏用を

今すぐ確認!

 

Amazonプライム会員限定セール!を

今すぐ確認!

Amazonアソシエイト