複数の引越業者の見積もりを取ってみたけど、決められない!賢い業者選びのポイントとは?

複数の引越業者の見積もりを取ってみたけど、決められない!賢い業者選びのポイントとは?

 

Amazonファッションタイムセール祭り6月21日9:00〜を

今すぐ確認!

 

 

Amazon激安商品夏用を

今すぐ確認!

 

Amazonプライム会員限定セール!を

今すぐ確認!

Amazonアソシエイト

複数の引越業者の見積もりを取ってみたけど、決められない!賢い業者選びのポイントとは?

 

 

 

引っ越しを控える方にとって、複数の引越業者から見積もりを取るのは大変ですが、自分に合った業者を選ぶためには必要なステップです。

 

しかし、見積もりを取っただけでは、どの業者を選べば良いのか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

 

このページでは、自分に合った引越業者を選ぶためのポイント、評判の良い引越業者、費用を抑える方法をご紹介します。

 

神奈川県 女性

 

4月に単身引っ越しを予定しています。

 

複数の引越業者の見積もりを取ってみたのですが、いまひとつ決められません。

 

何を基準で引越業者を決めてよいかわらないからです。

 

「引っ越し業者の費用を優先?」、「自分の都合を優先?」、「業者はどこが良いの?」 などで迷っています。

 

できたら、評判の良い引越業者を教えていただければ助かります。

 

お勧めの引越業者とかありましたら実際の会社名で教えてください。

 

店長シバ

 

「引っ越し業者の費用を優先?」、「自分の都合を優先?」、「業者はどこが良いの?」 などで迷っていますと、「「引っ越し業者の費用を優先?」、「自分の都合を優先?」、「業者はどこが良いの?」、などで迷っているというご質問ですね。

 

引っ越し業者選びは、費用、自分の都合、業者の評判などを総合的に判断して決めることが大切です。

 

上記の項目はどれも大切ですが、自分の都合を優先するのもよいのでないでしょうか。

 

費用を安くするために業者を優先することもあるでしょうが、自分の優先順位を一番に持ってくることのほうが大切に思います。

 

まずは、その基本を頭に置いておいて、自分の荷物を整理しながら、どのような荷物のタイプに該当するのか、というところから始めてみたらいかがでしょうか。

 

荷物を整理しながら不用品などの処分もしていくことで、大まかな荷物量も把握できますので、その状態になれば引っ越しのタイプもわかるのではないでしょうか。

 

店長シバが単身引っ越しで一押ししている引っ越しタイプは「単身パック」というタイプです。

 

もし、このタイプに該当するならば、手軽に引っ越し作業を完了できますし、費用も予想していたよりも安くなるので単身パックの取り扱いがある引っ越し業者を選択しましょう。

 

自分にピッタリの業者を選ぶためのポイント

 

下記では、自分にピッタリの業者を選ぶためのポイントをまとめてみました。

 

自分にピッタリの業者を選ぶためのポイント

  • 荷物の量とタイプ:
    荷物の量が多い場合は、トラックの大きさや必要な作業員の数などを考慮する必要があります。また、大型家具や貴重品など、特別な扱いが必要な荷物がある場合は、その対応に慣れている業者を選ぶようにしましょう。
  •  

  • 引っ越し距離:
    短距離の場合は、赤帽便などの軽貨物業者でも対応できますが、長距離の場合は、大手引越業者の方が安心です。
  •  

  • 引っ越し時期:
    繁忙期は料金が高くなりますので、できるだけ繁忙期を避けて引っ越しをするようにしましょう。
  •  

  • オプションサービス:
    梱包や養生、家具の分解・組み立てなどのオプションサービスが必要かどうかを事前に確認しておきましょう。
  •  

  • 費用:
    複数の業者から見積もりを取り比較検討しましょう。見積もりには、基本料金だけでなく、オプション料金や諸経費なども計算されているかどうかを確認する必要があります。
  •  

  • 評判:
    インターネットを利用して口コミや評判を参考に信頼できる業者を選びましょう。

 

評判の良い引越業者とは

万が一、荷物の内容に問題がありそうな単身引っ越しですと、大手引っ越し業者の方から選ぶことが賢明のようです。

 

評判の良い大手引っ越し業者

  • サカイ引越センター
  • アリさん引越社
  • 日通
  • ヤマトホームコンビニエンスグループ
  • クロネコヤマト

 

これらの業者は、いずれも大手引越業者であり、多くの実績と経験を持っています。

 

また、顧客満足度調査でも常に上位にランクインしており、安心して利用することができます。

 

特に、サカイ引越センターでは、研修センターも充実しているレディース引っ越しなどのサービスもありますし、引っ越し費用もそれほど高くはありませんので評判が良いようです。

 

他には、繁忙期になると男性アルバイト作業員が増えることでトラブルになることもあるようです。

 

この辺が気になるようでしたら、事前に引越業者に作業員の構成を確認することが大切ですし、大事な荷物、気になる荷物がある場合や、女性としての特有の荷物がある場合も契約前に交渉をしておくと良いかと思います。

 

できれば費用の安い業者を選びたい

できれば費用の安い業者を選びたい、というならば、一括業者見積りを利用して業者同士の競合をしたり、業者と交渉をする方法もありますが、同時に、繁忙期の時期を外したり、午後便を選んだり、日祝日を外して平日を選ぶことで費用を安くすることができますので検討をしておきましょう。

 

また、大手引っ越し業者ばかりで比較をするのではなく、中小業者、兼業業者も含めて比較をしてみることも大切です。

 

なぜならば、中小業者、兼業業者は宣伝費にお金を費やしていない関係から費用が安い業者もあったり、地元、女性の特化したサービスで展開している例もあるからです。

 

費用を抑える方法とは

  • 繁忙期を避けて引っ越しをする
  • 午前便や平日の引っ越しを選ぶ
  • 自分で荷造りをする
  • 不用品を処分する
  • 複数の業者から見積もりを取る
  • 大手だけでなく中小業者、兼業業者からも見積りを依頼する

 

これらの方法を組み合わせ、自分の都合にピッタリな引越業者を選ぶようにしましょう。

 

まとめ

引っ越し業者選びは、時間をかけて慎重に判断することが大切です。

 

最近では、2024年問題のため、以前よりも引っ越し業者の予約を取ることすら難しくなっていることから、その対策として早めの準備が大切になっているようです。

 

特に、業者選びでは「一括業者見積りサービス」を活用して、なるべく早めに業者を選ぶことにしましょう。

 

初心者引越し! 一括業者見積りはこちら


【公式】 引越し侍2

 

Amazonファッションタイムセール祭り6月21日9:00〜を

今すぐ確認!

 

 

Amazon激安商品夏用を

今すぐ確認!

 

Amazonプライム会員限定セール!を

今すぐ確認!

Amazonアソシエイト