長距離の単身引越しでも安心!単身パックで賢く節約する方法

長距離の単身引越しでも安心!単身パックで賢く節約する方法

 

Amazonファッションタイムセール祭り6月21日9:00〜を

今すぐ確認!

 

 

Amazon激安商品夏用を

今すぐ確認!

 

Amazonプライム会員限定セール!を

今すぐ確認!

Amazonアソシエイト

長距離の単身引っ越しでも安心!単身パックで賢く節約する方法

 

 

 

長距離の単身引っ越しは、荷物が少ない場合でも費用が高額になることもあります。しかし、単身パックと呼ばれる格安プランを利用することでその費用を抑えることができます。

 

このページでは、長距離の単身引っ越しで単身パックを利用する際のポイントを中心に話していきます。

 

三重県 男性

 

今度、一人暮らしをするので引っ越しの準備をしています。

 

引っ越し時期は、混むのを避けて6月後半の平日を予定しています。地方から、都内への引っ越しです。

 

一括業者見積りサービスを利用していろいろと引っ越し業者の見積もりをいただいて比較をしているのですが、ある引っ越し業者の方に「荷物が少ないので運送業者に頼まれた方が格安です」と言われました。

 

荷物の量は、コンポ(1組)、布団(1組)、衣類や書籍の入ったダンボールが10〜15箱くらい程度です。

 

ただ、移動距離は700キロくらいとちょっと多めです。

 

このような引っ越しの場合は運送業者に頼むのがベストでしょうか?

 

どなたか知恵をお貸しください。

 

店長シバ

 

三重県から都内への単身引っ越しで、荷物の量が少ないが引っ越しをする距離が多めということですね。

 

このくらいの荷物量であれば、引越業者の単身パックを利用するのがおすすめなのですが、距離が700キロくらいと多めですのでこれが問題ではないでしょうか。

 

単身パックの費用は安いのですが、近距離と相性が良いため距離が多めですと費用が高額になることもありますので、「荷物少なめ」、「距離多め」の場合の上手な引っ越し方法をまとめてみました。

 

長距離の単身引っ越しは費用が高額?

一般的には、長距離の単身引っ越しは、荷物の量が少ない場合でも、通常の単身引っ越しよりも費用が高額になります。これは、移動距離が長くなるほど、人件費や車両費などのコストが上がるためです。

 

また、引っ越し業者によっては、長距離の対応する車両や運送方法を持っていない業者もあります。そのため、長距離に対応していない業者は、引っ越しを外注するために費用が高額になる可能性があります。

 

単身パックとは?

単身パックとは、引っ越し業者が提供する、荷物の量が少ない単身引っ越し向けの格安プランです。

 

荷物は専用のカーゴボックスに収め、カーゴごとトラックで運搬しますが、業者によっては荷物の量に合うようないくつかのサイズを用意している業者もあります。

 

単身パックのサイズと料金

単身パックのサイズは、業者によって異なりますが、一般的なサイズは以下の通りです。

 

また、サイズが小さくなることで料金も安くなりますので、いかに荷物の量を減らすことで小さいサイズのカーゴに適応することができるかが大切になります。

 

一般的なカーゴサイズの種類と料金
  • Sサイズ:
    荷物の量が少ない単身引っ越しに最適。ダンボール10〜15箱程度が目安。
  • Mサイズ:
    Sサイズよりも荷物の量が多い単身引っ越しに最適。ダンボール15〜20箱程度が目安。
  • Lサイズ:
    Mサイズよりも荷物の量が多い単身引っ越しに最適。ダンボール20〜25箱程度が目安。

 

また、単身パックの料金は、「Sサイズで1万円〜2万円程度」、「Mサイズで2万円〜3万円程度」、「Lサイズで3万円〜4万円程度」が料金の目安となります。(2024年時点)

 

上記のサイズは一般的な例で、引っ越し業者によって「カーゴサイズ」、「距離」、「引っ越し業者によって異なります」ので、一括業者見積りサービスを活用して、複数の引っ越し業者から見積を取り、自分の荷物の量とサービスに最適な業者を選ぶことが大切です。

 

長距離引っ越しで単身パックを選ぶポイント

長距離引っ越しで単身パックを選ぶ際には、以下のように大切な単身パックを選ぶポイントをまとめてみました。

 

長距離引っ越しで単身パックを選ぶポイント
  • 荷物の量とサイズ:
    荷物の量に合わせて適切なサイズの単身パックを選ぶ。
  • 距離・料金:
    引っ越しする距離を確認し、一括業者見積りサービスを活用して、距離に対して単身パック料金がいくらになるのかを確認する。
  • 料金を安くする:
    料金を安くするために一括業者見積りサービスを活用して、複数の業者の単身パックの料金を比較する。
  • 割引制度:
    事前に、活用できる引っ越し業者の割引制度を確認する。
  • オプションサービス:
    自分に合う必要なオプションサービスがあるかどうかを確認する。
  • 口コミや評判:
    引っ越し業者の評判を確認するため、実際に利用した人の口コミや評判を参考にする。

 

単身パックの割引制度を活用しよう

多くの引っ越業者では、単身パックに適応する割引制度を設けてある場合がありますので、該当する割引制度を確認しておきましょう。

 

下記は、一般的な引っ越し業者が提供している割引制度となりますが、多くの引っ越し業者では、上記以外にも様々な割引制度があります。

 

1. 平日割引
  • 概要:
    平日に引っ越しをすることで割引が適用される制度です。
  • 利用方法:
    引っ越し業者のホームページや電話で、平日割引の適用可否を確認する必要があります。
  • 割引率:
    業者によって異なりますが、一般的には10%〜20%程度割引されます。
  • 注意点:
    土日祝日よりも需要が低いため、割引が適用されます。繁忙期でも適用される場合がありますので、事前に確認が必要です。

 

2. Web割引
  • 概要:
    インターネットで申し込みをすることで割引が適用される制度です。
  • 利用方法:
    引っ越し業者のホームページから申し込みをする必要があります。
  • 割引率:
    業者によって異なりますが、一般的には5%〜10%程度割引されます。
  • 注意点:
    電話での申し込みよりも割引率が低い場合があります。

 

3. 早期割引
  • 概要:
    早めに申し込みをすることで割引が適用される制度です。
  • 利用方法:
    引っ越し業者のホームページや電話で、早期割引の適用可否を確認する必要があります。
  • 割引率:
    業者によって異なりますが、一般的には10%〜20%程度割引されます。
  • 注意点:
    引っ越し日が近づくほど割引率が低くなります。

 

4. 複数ボックス割引
  • 概要:
    複数の単身パックを利用することで割引が適用される制度です。
  • 利用方法:
    引っ越し業者のホームページや電話で、複数ボックス割引の適用可否を確認する必要があります。
  • 割引率:
    業者によって異なりますが、一般的には10%〜20%程度割引されます。
  • 注意点:
    適用されるボックス数や割引率は業者によって異なります。

 

5. 学生割引
  • 概要:
    学生証を提示することで割引が適用される制度です。
  • 利用方法:
    引っ越し業者のホームページや電話で、学生割引の適用可否を確認する必要があります。
  • 割引率:
    業者によって異なりますが、一般的には10%〜20%程度割引されます。
  • 注意点:
    学生証の種類や割引率は業者によって異なります。

 

6. シニア割引
  • 概要: 60歳以上の方を対象とした割引制度です。
  • 利用方法: 引っ越し業者のホームページや電話で、シニア割引の適用可否を確認する必要があります。
  • 割引率: 業者によって異なりますが、一般的には10%〜20%程度割引されます。
  • 注意点: 適用年齢や割引率は業者によって異なります。

 

7. 女性割引
  • 概要:
    女性を対象とした割引制度です。
  • 利用方法:
    引っ越し業者のホームページや電話で、女性割引の適用可否を確認する必要があります。
  • 割引率:
    業者によって異なりますが、一般的には5%〜10%程度割引されます。
  • 注意点:
    適用対象者や割引率は業者によって異なります。

 

8. リピーター割引
  • 概要:
    過去に利用したことがある方を対象とした割引制度です。
  • 利用方法:
    引っ越し業者のホームページや電話で、リピーター割引の適用可否を確認する必要があります。
  • 割引率:
    業者によって異なりますが、一般的には5%〜10%程度割引されます。
  • 注意点:
    適用条件や割引率は業者によって異なります。

 

9. 紹介割引
  • 概要:
    友人や家族を紹介することで割引が適用される制度です。
  • 利用方法:
    引っ越し業者のホームページや電話で、紹介割引の適用可否を確認する必要があります。
  • 割引率:
    業者によって異なりますが、一般的には5%〜10%程度割引されます。
  • 注意点:
    適用条件や割引率は業者によって異なります。

 

10. その他

上記以外にも、様々な割引制度があります。

 

  • 雨天割引:
    雨天時に引っ越しをすることで割引が適用される制度です。
  • 夜間割引:
    夜間に引っ越しをすることで割引が適用される制度です。
  • 荷造り・荷解き割引:
    荷造り・荷解きのオプションサービスを割引価格で利用できる制度です。

 

これらの割引制度は、業者によって異なりますので、引っ越し業者のホームページや電話で確認する必要があります。

 

また、上記以外にも、引っ越し業者によって、「限定サービスや特典」のようなサービスを行っている場合もありますので、引っ越し業者が決まったら、契約をする前に、そのようなサービスの申告をしておきましょう。

 

管理人シバの例ですが、カーテンサービスなどのような無料プランがあったからです。

 

長距離引っ越しでおすすめの単身パック業者とは

長距離引っ越しに対抗している業者では、長距離向けの車両を持っていること、配送の方法があることを考えると大手引っ越し業者が得意としているようです。

 

例えば、サカイ引越センター「らくらく単身パック」を選ぶならば、荷物の量によって様々なサイズの単身パックを選ぶことができたり、日通「らくらく単身パック」を選ぶならば、長距離にも対応していることに加えてオプションサービスが充実しているからです。

 

引っ越し業者選びは、一括業者見積りサービスを活用して、自分の引っ越しに合うように複数の引っ越し業者から選ぶことにしましょう。

 

まとめ

長距離の単身引っ越しでも、単身パックを利用することで費用を安く抑えることが可能です。

 

「荷物の量」、「距離」、「料金」、「割引制度」を一括業者見積りサービスを活用して比較検討し、自分に合った単身パックを選ぶことが大切になります。

 

また、「荷物の量を減らす」、「引っ越し段取りリストを作る」、「複数の業者から見積もりを取る」、「繁忙期を避けるなど割引制度を選ぶ」、「引っ越し業者を選ぶ」など検討する項目が多くなりますので、引っ越し日が決まったら費用を抑えるために、なるべく早くから引っ越し準備に取り掛かることにしましょう。

 

 

店長シバからのワンポイントアドバイス

単身パックを選ぶ際には、荷物の量だけでなく、家電や家具があるならばその大きさなども考慮しておくことが大切です。

 

また、一括業者見積りサービスの活用では、「単身パックの料金、割引制度」ばかりに気を取られますが、それよりも大切なことは、「単身パックのサービスが自分の荷物と合っているのか」、「自分に必要なオプションサービスがあるのか」などを確認しておくことも大事です。

 

初心者引越し! 一括業者見積りはこちら


【公式】 引越し侍2

 

Amazonファッションタイムセール祭り6月21日9:00〜を

今すぐ確認!

 

 

Amazon激安商品夏用を

今すぐ確認!

 

Amazonプライム会員限定セール!を

今すぐ確認!

Amazonアソシエイト