【2024年問題対策!】金券ショップのノウハウで引越し費用最大50%オフ!3つのマネー術で賢く節約

検索結果

「 2024年問題 」の検索結果
  • 二つ目の競合するために訪問見積りの機会を意識的に利用する
    二つ目の競合ができる訪問見積りの機会を逃がさないSTEP競合の一つ目「引越し侍一括業者見積りサービス」を活用して複数の引っ越し業者の費用比較をする。絞り込み業者はを最大で3業者くらいが最適。STEP競合の二つ目訪問見積り時に2〜3業者を競合をして1業者に決める。STEP競合の3つ目1業者に絞った後、直接費用、サービスの交渉をする。二つ目の競合ができる訪問見積りの機会を逃がさない金券ショップのノウハウで引っ越し費用を最大50%オフにする方法2024年問題が迫る中、引っ越し費用を安く抑えることはますます重要になっています。このエントリーページでは、二つ目の競合するために訪問見積りの機会を意識的に利用する方法を紹介します。訪問見積りとは、引っ越し業者がお客様のご自宅を訪問し、荷物の量や搬送距離などを確認して、見積もりを作成するサービスです。電話やインターネットでの見積もりとは異なり、荷物の量を正確に把握できるため、より正確な見積もりを得ることができます。また、費用交渉や段ボールの数量の交渉なども行うことができます。二つ目の競合するために訪問見積りの機会を意識的に利用することで、以下のメリットがあります。より正確な見積もりを得ることができる費用交渉を行いやすくなる段ボールの数量交渉など、細かい要望を伝えやすい業者の対応を確認することができる訪問見積りをする際のポイントとは複数の業者から見積もりを確認する事前の見積り内容と同じかしっかりと確認する不明点は遠慮なく質問する担当営業の態度を確認する必要であれば、他の業者に変更する2024年問題対策として、引っ越し費用を安く抑えることは重要です。金券ショップのノウハウを活用して、訪問見積りの機会を意識的に利用することで、賢く引っ越しをしましょう。引っ越し費用をもっと安くすることができないの?これ以上値引きをすることはできません。うちの会社ではこれが値引き限度一杯だからです。訪問見積りでは、引っ越し業者の営業が自宅にやってきて見積り計算をしますので、不正確なオンラインだけの見積りより正確な見積り金額がわかるというメリットがあります。後で料金トラブルを防ぐ意味からも有効なサービスですが、この訪問するという機会を上手に利用することで「業者と直接値引き交渉ができる」、「業者との競合ができる」など引っ越しを安くするうえでのチャンスもあるようです。ただ、相手側の業者も料金の値下げはしたくありませんので、よほど上手に交渉をしないと失敗することになります。「もっと安くならない」というような一方的な交渉のやり方では、「うちの会社ではこれで値引き限度一杯です」と返されてしまい、値引きをすることすら難しいようです。ここでは、しっかりと交渉や競合をすることによって値引きを取ることができる方法を考えてみました。また、「どうしても訪問見積りをする時間が無い方」、「訪問見積りをすること自体に抵抗がある方」は、オンラインのみで見積りを取ることができる「リモート見積り」というサービスを利用することでほぼ訪問見積りに近い見積りをすることができますので検討をしましょう。リモート見積りのメリット、デメリットはこちら訪問見積りで複数の競合は内緒だったはずなのに。。訪問見積りでは内緒で他の業者との競合を予定してみたけれど、それって相手側には想定内のバレバレなことのようでした多くの方が利用する訪問見積りでは、直接業者に会うことができるため値引きの交渉や競合をするチャンスがあります。店長シバも費用を安くするために「引っ越し侍」一括業者見積りサービスで競合をしたあとに「訪問見積り」の機会で直接交渉と競合を繰り返しています。訪問見積りで直接交渉や競合する理由は、プログラミングされただけの競合だけではなく、直接営業に会うことができるならば、その営業が持っている裁量権を上手に利用することで引っ越しを安くすることができるのではないかと考えたからです。実際の訪問見積りでは、営業と交渉すということもあって緊張もあったのですが、約束した時間にやや遅れること10分くらいで業者が自宅にやってきました。そこそこ挨拶をかわしてから、部屋にある荷物をチェックしていき見積り計算を始めていきました。ここで心配になったことは「初対面の営業と相性が悪かったらどうしょう」の不安でした。ほとんど恐る恐るといった感じで訪問見積りを始めてもらい、荷物の量が多めだったこともあっておおよそ40分くらい時間がかかっていました。内緒ですが、この業者に訪問見積りの依頼をすると同時に、他の業者にも時間をずらして訪問見積りの依頼をしていたのです。同じ日の時間だけをずらすというやり方で、午前にはA業者、午後にはB業者というように時間配分をしていました。すると、午後に訪問をしたB業者は、サクッと荷物の具合をチェックしてから午前に訪問したA業者よりもより安い見積り金額を提示してきました。「今見積り計算が終わりましたが、当社では●●円の金額になります。もしこの金額で納得していただけたら契約となるのですがいかがでしょうか」と見積り金額を提示してきました。競合していることは内緒にしていましたが、見積り金額よりあまりにも安いことからビックリしてしまいました。なぜならば、提示された見積り金額はA業者よりも10万以上も安かったからです。店長シバは、今まで即決をすることは皆無でしたが、それほどに驚いた金額の提示でしたので思わず「契約します」と言ってしまいました。かなり動揺した結果のことだったのではないでしょうか。あとで、担当営業の話を聞けたのですが、内緒にしていたはずなのに他と競合していることをうすうす知っていて「他の業者との競合を考慮した見積り金額」と聞きました。こちらは内緒ということなのでしょうが、相手側にとってはすべて想定内のことだったようです。つまり、訪問見積りのような直接交渉では、他の業者と競合をしていることがそれとなくわかった方が良い結果になるようです。また、驚いて即決をしたのもしっかりと他の業者と競合をして見積り金額を聞いていたからです。もし他の業者の見積り価格を聞いたいなかったら、そこまで驚くことはありませんでしたのと、少なくとも即決をすることはありませんでした。ちょっと競合はズルイ方法と思われるかもしれませんが、これも立派なビジネスということですのでなんら問題はありません。他にも、営業と相性が一致したこともメリットになったようです。交渉でよい条件が出ても焦らず慌てず。。見積り金額も安かったし、相手の営業との相性も良かったので、これは即決しかない!確かに、競合をしても相手側の業者にはバレバレなのかもしれないのですが、だからといって緊張することもないのではないでしょうか。どんな結果になっても焦らず、慌てずに対応をしましょう。なぜならば業者の営業はベテランだからです。業者側としては、訪問見積りの機会を「他の業者に邪魔をされずに優先的にお客と契約交渉ができる機会」と考えているからです。ですので、他の業者と競合を予定しているのであれば有利に競合ができるように、「交渉の順番」、「業者との時間配分」などを事前に計画を立てておくことにしましょう。また、相手側の業者は、お客が契約をしなければならない心理状態を作るための手段として、「段ボール」や「紙テープ」などの引っ越し資材を置いていこうとしますですが気軽にこれらを受け取ってしまうと、心情的にその引っ越し業者を断りにくくなることになることを狙ったものですので注意しましょう。これも業者側の作戦のうちだからです。今回の競合で店長シバは、見積り金額の安さに驚いてうっかりと契約をしてしまったのですが、できれば即決することを少し後に伸ばすようにしましょう。頭を冷やして契約内容を再度精査する時間を作るためです。慌てて契約をすると、「業者側の説明が足らない不利になることに気が付いたり」、「小さく見えない字で大切なことが書いてあったり」することで失敗をするからです。相手側の業者には、ハッキリと理由を伝えておきましょう。「交渉や競合」でのメリット・デメリットとは交渉が不得手なので心配なんだけど、本当に交渉や競合をしなければならないの。。はい、できれば直接交渉や競合をした方が有利になること多いからトライしましょう。下記では、訪問見積りで「直接交渉、競合」でのメリット・デメリットをまとめてみました。交渉、競合することのメリット交渉、競合することのデメリット・正確な見積り金額を知ることで後での料金トラブルを防げる。・訪問見積りを行なう時間を作らなければならないこと。・直接交渉や競合をすることで料金の値下げができる。・直接交渉や競合では手間、時間がかかること。・交渉で無料資材、サービスなどのお得を加えることができる・交渉が苦手な人にはプレッシャーになること。確かに、訪問見積りの機会を利用した「直接交渉」、「競合」は引っ越しを安くするチャンスなのですが、デメリットもあることにも注意をしておきましょう。特に、デメリットでは、「時間を作ったり、手間がかかる」、「直接交渉や競合をする計画を考えたり」、「プレッシャーを感じたり」することになります。下記では、「引っ越し訪問見積もり時に値引き交渉をすることでいくら節約になるのか?」の「引っ越し侍」のデータがありますので参考にしておきましょう。引っ越し訪問見積もり時に直接値引き交渉、競合をすることでいくら節約になるのか?下記に「引っ越し訪問見積もり時に値引き交渉や競合をすることで費用がいくら割引になるのか?」を「引っ越し侍」が試算した平均のデーターがあります。これによりますと、「-5,000円(2018年時点の価格)」も費用を節約することができるそうです。プラン安くなる金額(平均値)条件訪問見積もり時に値引き交渉をすることで節約になった金額-5,000円(2018年時点の価格)※通常期・引っ越し距離50kmの場合の目安の金額となり、条件や時期によって変動があり。参照:「引っ越し侍」あくまでも値引きの平均値ということですが、交渉が上手にできる人でも値引きの幅はだいたい決まっているようですので、交渉が下手な人もトライする価値はあります。勿体ないのは、訪問見積り時にまったく値引き交渉をしないことです。相手側の営業としては、値引きがなければラッキーでしかないからです。「でも直接交渉をすることは不得手だから。。」という方は、メールを使った交渉方法もありますので、このように自分に合った交渉の方法を選んで試してみましょう。それでも、どうしても値引き交渉をすることが無理と言うならば、金額の値引き交渉ではなく無料提供の資材を増やす方に目的を切り替えるという手もあります。無料提供資材とは、「段ボール」、「紙テープ」などの引っ越し資材を余分に貰うことです。もし引っ越しが終わって資材が残っていたのならば廃棄するのではなく「メルカリ」に出品することでお金になるという節約の方法があるからです。訪問見積りを始めた瞬間にすでに交渉が始まっている無料の資材をここに置いておきますがよろしいですか?ごめんなさい。資材を置いていかないでください。あとで連絡をしますので資材はそのときにお願いします。訪問見積りでは、引っ越し業者の営業がわざわざ自宅まで出向いて来るのですが「できたら契約までもっていきたい」という願望もあり手ぶらで帰る業者はほとんどいません。そのような理由から訪問見積りをした後に、いきなり契約を迫ったり、契約を継続させる目的で無料の引っ越し資材を置いていきたがったりする業者もいます。業者から「なぜ無料資材を受け取らないのですか」と言われたら、「資材を置いていかないでください。検討してからあとで連絡します」とだけ言っておきましょう。「検討してから連絡します」というフレーズには含みがあります。「今は受け取ることができなくても、あとで競合の結果受け取ることができるようになるかもしれない」という含みを持った解釈です。つまり心の中では「御社の提示した料金内容にはすぐに答えを出すことはできないので、他の業者と競合をするけれど、その結果いかんによっては御社との再交渉もある」ということです。特に、「結果いかんによっては御社との再交渉もありうる」という部分では相手にこちらの意向が伝わりやすいようにトークを作っておくのも良い方法でしょう。なるべく相手側に余計はことは言わないようにして「3時間後に連絡します」と具体的にな時間を言うだけでもよいかもしれません。このような交渉では、金券ショップ店での買取でもそうなのですが、自分が有利な方向に持っていくことを考えた交渉術が大切となります。相手との交渉が上手な人でしたら問題はないのですが、もし交渉が不得手な人ならば事前に契約を迫られる対策をしておくと良いと思います。訪問見積りで押しの強い営業の対策方法とははい、これが見積り金額です。どこよりも一番安いですよ。当社に任せてください。けして悪いようにはしません!今すぐに契約をするならば無料資材を増やしますがいかがでしょうか今日中に契約を考えているのですが、よく考えてからあとで連絡をしますここでは押しの強い営業が訪問見積りが来ることに不安な方の対策について考えてみました。確かに、押しの強い営業が来ること自体にマイナスのイメージが強いのですが、逆にメリットにもなることがありますので有利になる対策を考えておきましょう。なぜならば、押しの強い営業は成績の良い方が多いということもあり、現場での裁量権も大きいからです。大きな裁量権を持っている営業と交渉をすることで、うまくいけば予想していたより大幅な値引きを取ることもできるからです。問題は、「どのようにして押しの強い営業から上手に値引きを取るのか」ということです。有効な方法は「複数の業者と競合をすること」です。いくら押しが強い営業でも他の業者が最安の見積り金額の提示したならば、間違いなくそちらの業者と契約をすることになることを知っているからです。つまり、押しの強い営業も含めて粛々と他の業者とも競合することで値下げ交渉をしていきます。けして「押しの強い業者は嫌いだから」と削除するのではなく、その営業も含めた競合をしていきましょう。営業との交渉は、友人を作るためにやっているわけではありません。交渉の仕方によって相手に嫌われることになったとしても、大きな値引きを取ることができたら成功ということになりますので、ある意味割り切った交渉をするようにしましょう。たとえば、2業者との競合を予定していたならば、押しの強い営業の対策のためにもう少し競合する業者を増やして3業者、4業者のように競合する数を増やしていくのも得策です。実際では多くの業者と競合をすることは手間と時間が余分に掛かることになりますので、次のページでは業者と上手に競合するため時間配分を中心にまとめてみました。業者と競合するときの時間配分はこちら訪問見積りのマナー違反で引っ越しが高くなる?自分はお金を払うから立場が上だぞ、安くしろよ!マナーの悪いお客だから、値引きやサービスをするのはやめとこう訪問見積りをしてもらう場合でも相手に対しての最低限のマナーは必要です。相手側の営業も人です。上手にマナーを守って交渉をすることは良いのですが、自分勝手に交渉をするとうまくいかないことになるからです。たとえば、引っ越し業者を選ぶために複数の業者と競合をしている方も多いかもしれません。業者には複数の業者と競合をしていることを内緒にしているのですが、相手側も競合していることは一般的にもよくあることなので言わなくてもマナー違反になるようなことはありません。逆に、それとなく競合していることを伝えた方が、他の業者のことを意識して、価格交渉でも積極的に応じてくれることもあります。断る際にも理由がはっきりとしているので業者側にしても納得しやすいのです。しかし、競合をしていることを隠す必要はないとはいえ、複数の業者に同じ時間に訪問見積りをお願いするバッティング行為はやめておきましょう。「バッティングしたほうが対抗心や競争心を煽る」ということもありますが、実際は全く逆効果で、業者の印象を悪くするだけだからです。同じ日に複数の業者に来てもらうならば、時間配分を考えて鉢合わせしないように配慮をするようにしましょう。また、相手が引っ越し業者だからといって横柄な態度を取るのも、マナーが良いとはいえないですね。お客の中には「自分はお金を払う立場だから上である」という勘違いをして偉そうな言葉遣いや暴言を言う人もいますが、こういった態度は営業の気分を害してしまいます。営業にマナーの悪いお客だと思われると、せっかく値下げをしょうと思っていた気持ちが無くなり、サービスも悪くなることもあるようです。当然のことではありますが、誠実な対応を取るようにしましょう。まとめ業者との競合ではバッティングをしないようにする交渉と競合のメリット、デメリットを考える押しの強い営業との交渉対策とは気をつける訪問見積りでのマナーとは初心者引越し! 一括業者見積りはこちら【公式】 引越し侍2
    Read More
  • 競合では業者の並べ方の順番と時間配分が決めて!
    なぜ競合では業者の並べ方の順番と時間配分が決めてになるのか?2024年問題対策として、引っ越し費用を最大50%オフにするための金券ショップのノウハウを紹介しています。訪問見積もりで複数の業者と競合する際に重要なポイントである、「業者の順番」と「時間配分」について解説します。これらのポイントを意識することで、より有利な条件で引っ越し業者を選ぶことができます。さらに、訪問見積もりでトラブルを避けるための対策も紹介しています。このエントリーを読むことで、訪問見積もりを最大限に活用し、賢く引っ越し費用を節約することができます。初心者引越し! 一括業者見積りはこちら【公式】 引越し侍2訪問見積り時の業者との時間配分とは時間配分?競合する業者の順番?それがそんなに大切なことなのかよくわからん訪問見積り時の競合では、「競合する業者の順番」と「時間配分」が大切になります。特に、「競合する業者の順番」では、順番の並べ方いかんで成功するかどうかが決まりますなぜ競合では業者の並べ方の順番と時間配分が決めてになるのか?競合をするときに業者の並べ方の順番で成功が決まる訪問見積り時で成功するために大切なことは「競合する業者の並べ方の順番」と「時間配分」ですが、まずは「競合する業者の並べ方の順番」から始めていきましょう。たとえば、4業者で競合をした場合、最有力候補の業者を最後の4番目にし、それ以外の業者をお気に入り度合の順番で並べていきます。STEP競合する順番 1番目最初の競合は一番候補でない業者STEP競合する順番 2番目2番目の競合は2番目に候補出ない業者。STEP競合する順番 ラスト最後の競合では最有力候補の業者。なぜならば、有力候補の業者を一番最後にすることで、他の業者と競合した知識を総動員して交渉をすることができるからです。最後の有力候補の交渉の時は、かなりの相場通になった状態で交渉をすることができるようになっているのではないでしょうか。もしかすると、業者側からは「なぜこんなに引っ越し相場に詳しいのか」と逆に質問を受けるようになるかもしれません。このように最有力候補との交渉では、引っ越し相場に詳しい方が有利になれるからです。交渉では、どこまで値引きを迫ることができるのかを判断できますし、契約をするときも、ここが落としどころと判断することができるからです。競合をするときに時間配分で成功が決まるまずは、競合をする業者との時間配分を作っていくところから始めましょう。基本は、業者同士がバッティングしないような時間配分を作ることが大切になります。時間配分では、いくつの業者と競合するのかによって違いますが、「引っ越し侍」一括業者見積りサービスで10社から5社くらいに業者を絞り込み、さらに業者を絞り込んいますので2〜4業者くらいが一般的でしょうか。時間と手間を減らすためにできるだけ業者の数を絞っておけば手間と時間が軽くなります。ただ、あまり絞りすぎると競合することが弱くなりますので気を付けましょう。午前中に2業者と訪問見積り午後に2業者と訪問見積り1回目 午前9時〜10時3回目 午後1時〜2時2回目 午前11時〜12時4回目 午後3時〜4時4業者ならばこんな感じで訪問見積りの時間配分を作ってみました。午前に2業者、午後に2業者としたのは、お昼を間に入れてみたのですが、手間と時間の割合がちょうど良いと思ったからです。具体的な作業の時間配分では、見積りに30分、交渉に30分の1時間くらいとしました。荷物の量がよほど多くない限り、見積り時間はこれくらいで大丈夫ですが、交渉も同じくらいの30分としました。値下げ交渉は粘りが必要になりますし、すぐに応じてくれるとは限りませんので時間に余裕を持たせておくといいでしょう。なぜ、ここまで時間にこだわったのかは、これ以上の時間が掛かかるならば業者に帰ってもらう目安にするためです。また、業者と業者の間隔は1時間くらいの設定であればバッティングすることはありません。少なくともこれくらいの時間間隔を作っておけば他の業者とバッティングをすることは無いのですが、それよりも自分が疲れないようにすることも大切だからです。金券ショップ店の買取の経験からも、必要以上に買取交渉を長引かせるとミスを多発するようになった経験がありましたので、この一文を入れておくことにしました。競合のトラブルを解消する2つの対策訪問見積り時に来訪する営業はベテランの場合が多いようです。彼らは、何度も訪問見積りを体験していますので、どうしたら契約を取ることができるのかを知っています。たとえば、お客側が競合をしていると想定されるときは、「無料資材をプレゼントして置いていく」、「予定されている滞在時間より長居をする」などがあります。「無料資材をプレゼントして置いていく」では、無料資材や無料プレゼントを自宅に置いていくことで、契約を断りにくくしているのです。多分、業者はこのよな手法が良いことを知っていて、同じようにして契約を取ることにたくさん成功をしてきたのでしょうか。この対策方法では、「無料資材やプレゼントを受け取ることを拒否すれば大丈夫」です。次の「予定されている滞在時間より長居をする」では、競合が想定されるお客様向けに考えた対策方法です。業者は長居をすることで「他の業者の訪問を訪問しにくくする」ということと、「長居をすることでこちら側が疲れてしまうのを待っている」ということです。高額の買取品の出張買取でもこの手口が使われます。家に訪問して買い取れるものが少ないと、もっと出してくるように居座るわけです。長時間これをやられるとほとんどの人が疲れてしまうことから、売るつもりが無いものまで買取をしてしまいます。ここでは「疲れることでこの業者に決めても良いか」となることを狙っているわけです。この対策方法では、「業者同士の時間配分を余分に開けるようにする」ことと、「約束の時間になったらハッキリと言葉にして終了してもらうこと」です。まとめ訪問見積りで業者の絞り込みは2〜3業者くらいにする。業者と競合する順番は最後に有力候補の順番で並べる業者競合の時間配分では、「業者と業者の間隔」を余分に取っておく。初心者引越し! 一括業者見積りはこちら【公式】 引越し侍2
    Read More
  • 郵便局ゆうパックと単身パックの組み合わせで引越し費用最大50%オフ!3つのマネー術で賢く節約
    「ゆうパック」と「単身パック」の良いとこどりの方法とは「ゆうパック」と「単身パック」の良いとこどりの方法とは2024年問題対策!金券ショップのノウハウで引っ越し費用最大50%オフ!3つのマネー術で賢く節約は、引っ越しでお金を賢く節約することを成功させるためのサポートブログとして、体験からノウハウをまとめました。郵便局の「ゆうパック」と引っ越し業者の「単身パック」を組み合わせることで引っ越し費用を安くする方法を試しました。引っ越し荷物の量が少ないこと限定となるのですが、やや大きめの荷物は「単身パック」を利用し、小物の荷物は「ゆうパック」といった具合に分けました。また、自分の荷物の量によっては「単身パック」を複数カーゴにしたり、「ゆうパック」も複数にしたりしながら費用のシュミレーションを試しました。下記では、店長シバが「単身パック」と「ゆうパック」の組み合わせで料金がどうなるのか試してみたシュミレーション結果です。(2018年時点の価格)引っ越し業者の単身パックはサイズが決まっているので、よほど荷物の量が少ない引っ越しでないと難しいかもしれないね引っ越し業者の単身パックのデメリットを解消する意味から郵便局のゆうパックを上手に利用しましょうここで紹介するのは、引っ越し業者の「単身パック」と郵便局の「ゆうパック」を組み合わせることで引っ越し費用を安くする方法を試してみました。引っ越し荷物の量が少ないこと限定となるのですが、やや大きめの荷物は「単身パック」を利用し、小物の荷物は「ゆうパック」といった具合に分けました。また、自分の荷物の量によっては「単身パック」を複数カーゴにしたり、「ゆうパック」も複数にしたりしながら費用のシュミレーションを試してみました。下記では、店長シバが「単身パック」と「ゆうパック」の組み合わせで料金がどうなるのか試してみたシュミレーション結果です。「ゆうパック」と「単身パック」を組み合わせたときの料金シュミレーションとは通常の単身プランの料金日通単身パックSの料金ゆうバックの料金単身パック+ゆうパックの料金〜15km未満(同市区町村)〜15km未満(時期により料金変動アリ)〜15km未満(同市区町村)(時期により料金変動アリ)170サイズ、持込割引 -120円 x 1 個、同一あて先割引 -60円 x 1 個、差出地:東京都 → 宛先地:東京都通常の単身プランの料金ー(日通の単身パックS料金+ゆうバック料金)=27,025円(2018年時点の価格)18.000円(2018年時点の価格)2.160円(2018年時点の価格)−6,865円(2018年時点の価格)(参照:引っ越し侍2022年11月更新)上記では、「通常の単身プランの料金」に対して、「単身パック」と「ゆうパック」組み合わせたときの料金差を比べてみたシュミレーションの結果です。「ゆうパックサービス」で配送できるのは荷物の量と料金は、「サイズ3辺合計170cm以内、重さ25kgまで対応」となり、「運賃はサイズ、あて先別に算出する」ということになることから、「ゆうパック、1個、170サイズ、持込割引 -120円 x 1 個、同一あて先割引 -60円 x 1 個、差出地:東京都 → 宛先地:東京都」の条件ですと1個あたり2,160円でした。さらに、「日通引っ越し単身パック」の料金では、単身パックSを選択した場合の料金は18.000円(同市区町村)でした。「単身パックSを1個」+「ゆうパック170サイズを1個」の組み合わせ引っ越しの計算は2.160円+18.000円=27.025円となります。これに対して、通常の単身プランの料金も調べてみると27.025円だそうです。つまり、「ー6.865円」(2018年時点の価格)となり「単身パック」と「ゆうパック」を組み合わせた方が安いという結果になりました。そもそも、「単身パック」は引っ越し業者の安いプランなのですが、サイズが決まったカーゴに荷物を収めなければならないというデメリットがあるため、このデメリットをどのように解消するのかが問題になるようです。混載便を利用することでもっと費用を安くする引っ越し「単身パック」の利用では、長距離の引っ越しをするならば、「混載便」というサービスが利用できないのかを検討しましょう。混載便とは、同じ地域に向かうトラックに自分の荷物と他の人の荷物を相乗りさせるという方法です。同じトラックに他に人の荷物が相乗りしていますので、その分の車両代金、燃料費、高速代金は相乗りしている人数で割り勘になるという感じで安くなるわけです。ですが、安い混載便にもデメリットがあります。同じ方向に向かうトラックの荷物が満載になるまで待たされたりすることです。相乗りする人が規定数揃うまで間をかけて待つということです。「別に急いではいないよ」というならば問題はないのですが、急ぎの人には向いていない方法です。混載便を利用することでどのくらい費用が節約ができるのか?プラン安くなる金額(平均値)条件混載便を利用することで節約になった金額-19,746円(2018年時点の価格)※通常期・引っ越し距離50kmの場合の目安の金額となり、条件や時期によって変動があり。参照:「引っ越し侍」  混載便を利用することでいくら節約になるのか?を計算したデーターがあります「混載便を利用する」ことで、「費用がいくら節約になるのか?」を試算したデーターがあります。これによりますと、この混載便を選択するだけで「-19,746円」も費用を節約することができるそうです。あくまでも、金額は混載便を利用した人の平均値で、距離によっても条件に違いがあるのですが、それにしても驚く安さになるようです。一般的に混載便というサービスは、「単身パック」を中心に利用されることが多いサービスですが、条件がありますので注意が必要となります。相乗りにもルールがあるということでしょうか。下記の写真にある「トラック」と「単身パックのカーゴ」がいくつか合わさって混載便となりますが、「荷台サイズとカーゴサイズが合っているという条件」、「トラックの荷台が満杯にならなければスタートできない」などのデメリットがあります。ですが、費用が安くなることは間違いないことなので、混載便の条件に自分の引っ越しが合うならばトライする価値はあります。まとめ「単身パック」と「ゆうパック」の組み合わせ方をいろいろ検討をしてみる。「通常プラン」に対して「単身パック」と「ゆうパック」の組み合わせの料金比較をしてみる。「単身パック」の長距離ならば混載便(相乗り便)の利用を検討する。初心者引越し! 一括業者見積りはこちら【公式】 引越し侍2
    Read More
  • 引越し費用100円は本当?そのカラクリと賢い節約方法を徹底解説!
    引っ越し大手、中小業者を同じ割合で見積りを依頼2024年問題の影響で、引っ越し費用が値上がりする可能性が高まっています。そこで、今回は引っ越し費用を最大50%節約できる方法を3つ紹介します。1. 金券ショップのノウハウを活用金券ショップの中には、引っ越し業者と提携して格安料金で引っ越しサービスを提供しているところがあります。2. 訪問見積もりで費用交渉複数の業者から訪問見積もりを取ることで、より安価な業者を見つけることができます。3. 一括見積もりサイトを利用一括見積もりサイトを利用することで、簡単に複数の業者から見積もりを取ることができます。一括業者見積もりサイトを利用することで、競合ができたり、業者との競合をすることで大幅に費用を削減することができるからです。4.引っ越し費用100円という業者のカラクリとは?現在は終了しているサービスですが、100円で引っ越し作業を提供している業者がありました。まず、引っ越し100円ということに驚いたのですが、そのカラクリを考えてみました。その業者は引っ越し作業と光回線のサービスを抱き合わせることで引っ越し費用を100円としていたのです。この経験から、引っ越し金額だけで検討するのではなく「なぜその価格なのか」を検討して作業を依頼することが大切です。引っ越し業者に費用をチェックするときに見るべきポイント光回線の新規契約が必要荷物の量や距離に制限があるオプションサービスは別料金業者の評判を確認する初心者引越し! 一括業者見積りはこちら【公式】 引越し侍2驚きの引っ越し代金100円のそのわけとは「100円で引っ越しができるなんてホントに凄い!なぜ、こんなに安い料金でできるのかわからない」「100円引っ越しにはわけがあります。その理由は、「引っ越しと光回線の新規契約を抱き合わせ商法」だからです」以前(2016年/3月)のことになるのですが、「引っ越し料金が100円」なんていう驚きの料金サービスを提供している中小業者を見かけたことがありました。100円で引っ越しできると聞けば、誰でも「本当の事かよ」と身を乗り出してしまいそうになるのではないでしょうか。怪しい話というわけではなく、店長シバが確認した時にはちゃんと存在していたサービスでした。気になった業者であれば、転居にかかわる費用を大きく削減する事ができるからです。「なぜ、こんなに安い費用で引っ越しができるのか」を調べてみたところ、「引っ越しと同時に光回線を新規契約すれば引っ越し分の費用が100円になる」という商法でした。いわば、抱き合わせ商法ってやつでしょうか。引っ越し料金だけを聞くと驚かれる人も多いのですが、家電量販店などで光ネット回線を契約すればゲーム機やパソコンが安く買えたり、商品をプレゼントされるというあのサービスと同じです。引っ越しのタイミングで新規にインターネット回線を考えていた方ならば、「高額な引っ越しと手間がかかるインターネット環境を同時に終了することができる」という、まさに最高のタイミングの商法というわけです。このサービスを提供していた業者は、地元の中小業者でした。このようなアイディアを捻りだしてまで大手引っ越し業者と対抗しようとするビジネス魂には凄いの一言でした。ただ「期間限定のサービス」でしたので、2016年3月時点に再度調べてみたところサービスはすでに終了していました。なぜ終了しているサービスのお話をしたのかと言いますと、このような引っ越し業者を見つけることができれば費用を安くすることができるからです。引っ越しと光回線の新規契約の話だけではなく、とんでもないことをやってくれると期待できそうな、地元の中小業者が気になったというわけでした。「引っ越し侍」一括業者見積りを利用してお得な業者を探す通常ですと、名前の知っている大手業者しか頭に浮かぶことから、大手業者を中心に見積り依頼をしている人が多いのではないでしょうか。人気の大手引っ越し業者といいましても、一長一短があり、ほんとうに自分の目的に合っていて安いのかはまた別の話となります。店長シバの目的は費用を安くすることです。その目的を検証する目的から、「大手業者、中小業者」のどれにも偏ることなく、幅広くいろいろな業者のサービスから比較をしてみることにしました。たとえば、「大手業者を1件」、「中小業者を1件」のように同じ割合で「引っ越し侍」一括業者見積りを始めました。なぜ引っ越し中小業者にも見積りするとお得になるの?大手業者は、各種タイプの車両代金、人件費、拠点などの運営費、広告代金などにコストがかかっています。中小業者は、コストを掛けないように限られたエリアでの引っ越しを中心に、車両のタイプ、台数、人件費減らすをことができ、運営費、広告代金もほとんど必要としないため、費用を安い商品を販売できることもあるようです。大手業者は大手なりに規模を利用した効率の良い引っ越し方法を持っているのですが、だからといって中小業者が負けていることにならないと思います。引っ越しの内容によっては、大手より安いこともあるからです。どちらが業者がお得なのかを検証しましょう。その方法は、「引っ越し侍」一括業者見積りから料金シュミレーションをしてみるわけです。「大手業者、中小業者」を同じ割合で料金シュミレーションをすることで、どちらがお得なのかの答えをだすのはそんない難しいことでは無いように思います。「引っ越し費用がたったの100円の安さってほんと?」のまとめ確かに、引っ越し費用は安くなるのですが、抱き合わせになっている「光回線」の方に心配があるように思いました。なによりもインターネット回線では自分の条件に合った業者を選ぶことも大事だからです。自分の条件に合わないと、プラスになるどころかマイナスになることさえもあるからです。具体的には、インターネット回線の「月額料金が安い」、「家でも外でもインターネットをしたい」、「出張や引っ越しが多い」などの条件も店長シバは抑えたいからです。店長シバも、ソフトバンクエアーの解約で多額の解約違約金を請求されて大失敗をしたことがあるからです。気安く契約すると、あとでとんでもないことになることもありますので、店長シバのソフトバンクエアーの解約の大失敗のトラブルを参考にしてから検討することをおススメします。初心者引越し! 一括業者見積りはこちら【公式】 引越し侍2
    Read More
  • 引越し業者への上手な作業依頼の仕方
    引っ越し業者への上手な作業依頼の仕方引っ越し業者への上手な依頼の仕方の質問ですが、荷物の少ない引っ越しでは業者に依頼する際にいくつかポイントがあります。1. 早めに見積もりを取る最近では、2024年問題の影響で引っ越し業者の予約が取りにくくなっています。この現象は、荷物の多い少ないに関係なく、早めに引っ越し準備を始めることが大切です。引っ越し日が決まったら、一括業者見積りサービスを利用して費用の比較を始めるようにしましょう。2. 単身パックを利用する荷物が少ない引っ越しならば、単身パックを利用すると引っ越しを安くできますので、単身パックに該当するかどうかを確認しましょう。3. 訪問見積もりを依頼する実際に、引っ越し業者が荷物を見ることで正確な見積りを計算するのが自宅訪問見積もりです。このサービスは、荷物が少ない方も無料で試すことができるので上手に利用しましょう。また、自宅訪問見積りでは、直接業者が自宅に来ますので、この機会を利用して費用交渉もしてしまいましょう。4. 段ボールや粗品を受け取らない引っ越し業者の自宅訪問見積りや営業の訪問では、他の業者との競合があるならば、無料段ボールや粗品を受け取ることを避けましょう。なぜならば、無料と言っても、何かを受け取ることで他の業者との競合がしにくくなるからです。引っ越し業者側もそのことを理解していて、無料段ボールや粗品を置いていこうとしますので注意が必要です。5. 早めに準備をする予定よりも早めに準備を始めることが大切です。引っ越しには想定外の事案も多くあり、準備の足を引っ張られることもありますので、「準備は早め」、をお勧めします。名古屋市 男性あまり引っ越しに慣れていない初心者レベルの者です。引っ越しの内容は、近距離で、引っ越し荷物はそれほど多くはありません。ただ、多くないといいましても、それなりに小さい荷物がバラバラとありますので、単身パックのような単身向けのサイズに収まるかどうかはわかりません。引っ越し予定日は、できたら3月中に引っ越しができれば良いかな、くらいに考えています。その理由は、仕事の都合もあるからです。私のような引っ越しでは、どのくらい前から業者に見積もりを依頼したらよいのでしょうか。あまりにもギリギリですと、引っ越し業者に対応してもらえないことがある、と聞いていましたので心配です。店長シバご質問者の引っ越し条件では、「引っ越しの距離は近場で、引っ越し荷物の量は少ないです」とのことですが、このような引っ越しでは、サイズ内に収まるならば単身パックがお勧めです。単身パックならば、費用が安くなることが一番だからです。ただ、このサービスは、引っ越し業者によってボックスサイズに違いがありますので、早いうちに引っ越し業者を決めてサイズ内に収まるのかを確認しておきましょう。万が一、荷物がサイズ内に収まらないのであれば他の方法も検討しなければならないからです。不用品処分で荷物を減らす通常、単身パックのサイズに収まらないならば諦めてしまう方が多いのですが、不用品処分などで単身パックが該当できないかも検討しましょう。店長シバも体験したのですが、荷物の中には普段あまり使わない荷物が含まれていたからです。もう着なくなった衣類、使わなくなった趣味用品でした。ここは決断して断捨離をすることも大切な判断です。引っ越しの時期を検討する引っ越しで費用を安くするために大事なことは引っ越し日です。質問では、「できたら3月中に引っ越しができれば良いかな」とありましたが、それならばいっそ4月にすることはできないでしょうか。もし可能ならば大幅に引っ越し費用を安くすることができるからです。なぜならば、3月中の引っ越し時期は繁忙期になるため引っ越し料金が高いからです。。店長シバの単身引っ越し体験店長シバの単身引っ越しの体験ですが、荷物が少ないならば単身パックを検討し、次に不用品処分などで荷物の量を減らすことにしましょう。そして、自宅訪問見積りなどのサービスも利用していくことが大切です。店長シバは、自宅訪問見積りのときに費用交渉、条件交渉を考えていましたので、事前にしたことは業者を1社に絞り込む作業でした。なぜならば、自宅訪問見積りのときに複数の業者と競合するよりも、1社に決めておいた方が、業者側に強く要望をすることができるからです。ですので、自宅訪問見積りをする前に複数の業者との競合を終わらせていました。一括業者見積りサービスで2、3の引っ越し業者に絞り込んだ後、該当の業者の直接電話をして、荷物の概要を説明することで実際の費用を確認しました。その作業で感触が良かった1業者に絞り込んだわけです。この作戦は成功でした。すべてうまく行くわけではないでしょうが、このように自分の得意を活かして、業者との作戦をたてておくことにしましょう。初心者引越し! 一括業者見積りはこちら【公式】 引越し侍2
    Read More