専門業者、兼業業者のどちらが安いの

引っ越し業者 安い 単身

 

引越し 費用

専門業者、兼業業者って何のことなの?と思う方も多いのではないでしょうか。

 

引越業界では主に専門業者と兼業業者のふたつの種類に分けられます。

 

これはどのような特徴があり、どのような違いとなるのでしょうか。

 

どちらを選べば引越し費用が安くなるのでしょうか。

 

まず専門業者についてですが、名前からもわかるように業務の中心が引越しであり、専門的に引越しを行う業者のことを指しています。

 

テレビCMで見かけるような引越し業者であれば大抵は専門業者に当てはまり、年間を通して引越しのみ行うことから引越しの知識や技術力も高く、利用する上で安心して任せることができるのがこの専門業者となります。

 

専門で業務を営むため様々な引越しに対応できるメリットを持っている場合があります。

 

このようにして、引越し用の梱包資材や運搬用の特殊機材などを自社で開発していることも多く、他にもちょっとイレギュラーな引越しの場合でも対応が可能なことが多くあり、その点でも安心して引越し作業を任せることができます。

 

またその一方で兼業業者とは、通常は運送業務を行い引越しの注文があった時のみ、引越し業務を請け負う形が兼業会社となります。

 

運送業務とはトラックでの長距離移動などを指しており、普段は基本的に運送屋として仕事を請け負っているのですが、その時々で依頼に応じて引越しも行うことから、仕事を兼ねる意味合いで兼業と呼ばれています。

 

この兼業業者の場合は、日常的に引越しを行うわけではないため技術面での不足がある場合も多いのですが、その一方で無駄に広告などの経費が必要ないために価格が安いなどのメリットがあることも特徴となります。

 

この違いに関しては、引越し料金を安さ一点だけで考えるのならば、地元密着の兼業業者の方が有利になるのですが、安心も欲しいという方でしたら大手引越し業者を選ぶことにしましょう。

 

旅行にたとえれば、現地ガイドや保証など至りつくせりの大手旅行社に高い費用を払って安心して旅行をするのか、飛行機はLCC、ホテルはExpediaを使って自分で予約する方法との違いくらいあるのかもしれません。

 

どちらが安いのかの質問に対しては、上記の理由から兼業業者にメリットがあるように思ってしまいますが、引越しする方の条件によっては専業業者の方が安いということもありますので、実際に見積もりを依頼して比べてみることをお勧めします。

 

これはどうしてかと言いますと、専門業者の場合は、兼業業者が真似をすることができないような引越しプランを持っていることがあるからです。

 

そのひとつに挙げることができるのが、今では人気の引越し単身プランです。

 

他にも、専門引越業者と兼業引越業者の両方の料金見積もりを取って比べることでもっと安い引越しになることが可能になる場合もあります。

 

専門業者が格安で提供している方法の条件が、自分の引越しとピッタリ合うならば安い引越しができるからです。

 

ですが、どこが専門業者、兼業業者なのかもわかりにくいこともあったり、どのような引越しプランをもっているのかもわかりませんので、実際に複数の見積もりを取ることができる一括引越し業者見積もりを利用して、引越し業者に見積もり依頼をしましょう。

 

管理人シバだけのことかもしれませんが、引越し初心者のころは、引越し業者の情報を集めるやり方を知らなかったため、知っている大手引越業者に依頼するしか方法がありませんでした。

 

まさに、知らないことゆえの失敗を繰り返していたわけです。

 

LIFULL引越し一括見積もりで無料見積もりを依頼してみる


LIFULL引越し業者見積もりサービスは、赤帽便、地元密着の中小業者などの中小引越し業者から大手引越し業者なども選ぶことができます。


今まで費用の安いと言われている中小引越し業者は、大手引越し業者と違い、広告宣伝が少ないことから選ぶのが難しいと言われてきました。


こんな悩みは解消です!中小引越し業者、大手引越し業者を同時に両天秤にかけて費用の安さを比較しましょう。


・ハトのマーク、ダック、赤帽、メリー、マーチ、日通、

もちろん、大手引越し業者、サカイ、アート、アリさんなどの費用も比較できます。

まずは無料で一括見積もりを試しましょう。

HOME'Sの一括引越し業者見積もり


※管理人シバも一括引越し見積もりを何度か利用したことがありますが、よくあるしつこい営業攻勢を受けることは皆無でした。どうぞ安心してください。