専門業者、兼業業者のどちらが安いの

引っ越し業者 安い 単身

 

引越し 費用

専門業者、兼業業者って何のことなの?と思う方も多いのではないでしょうか。

 

引越業界では主に専門業者と兼業業者のふたつの種類に分けられます。

 

これはどのような特徴があり、どのような違いとなるのでしょうか。

 

どちらを選べば引越し費用が安くなるのでしょうか。

 

まず専門業者についてですが、名前からもわかるように業務の中心が引越しであり、専門的に引越しを行う業者のことを指しています。

 

テレビCMで見かけるような引越し業者であれば大抵は専門業者に当てはまり、年間を通して引越しのみ行うことから引越しの知識や技術力も高く、利用する上で安心して任せることができるのがこの専門業者となります。

 

専門で業務を営むため様々な引越しに対応できるメリットを持っている場合があります。

 

このようにして、引越し用の梱包資材や運搬用の特殊機材などを自社で開発していることも多く、他にもちょっとイレギュラーな引越しの場合でも対応が可能なことが多くあり、その点でも安心して引越し作業を任せることができます。

 

またその一方で兼業業者とは、通常は運送業務を行い引越しの注文があった時のみ、引越し業務を請け負う形が兼業会社となります。

 

運送業務とはトラックでの長距離移動などを指しており、普段は基本的に運送屋として仕事を請け負っているのですが、その時々で依頼に応じて引越しも行うことから、仕事を兼ねる意味合いで兼業と呼ばれています。

 

この兼業業者の場合は、日常的に引越しを行うわけではないため技術面での不足がある場合も多いのですが、その一方で無駄に広告などの経費が必要ないために価格が安いなどのメリットがあることも特徴となります。

 

この違いに関しては、引越し料金を安さ一点だけで考えるのならば、地元密着の兼業業者の方が有利になるのですが、安心も欲しいという方でしたら大手引越し業者を選ぶことにしましょう。

 

旅行にたとえれば、現地ガイドや保証など至りつくせりの大手旅行社に高い費用を払って安心して旅行をするのか、飛行機はLCC、ホテルはExpediaを使って自分で予約する方法との違いくらいあるのかもしれません。

 

どちらが安いのかの質問に対しては、上記の理由から兼業業者にメリットがあるように思ってしまいますが、引越しする方の条件によっては専業業者の方が安いということもありますので、実際に見積もりを依頼して比べてみることをお勧めします。

 

これはどうしてかと言いますと、専門業者の場合は、兼業業者が真似をすることができないような引越しプランを持っていることがあるからです。

 

そのひとつに挙げることができるのが、今では人気の引越し単身プランです。

 

他にも、専門引越業者と兼業引越業者の両方の料金見積もりを取って比べることでもっと安い引越しになることが可能になる場合もあります。

 

専門業者が格安で提供している方法の条件が、自分の引越しとピッタリ合うならば安い引越しができるからです。

 

ですが、どこが専門業者、兼業業者なのかもわかりにくいこともあったり、どのような引越しプランをもっているのかもわかりませんので、実際に複数の見積もりを取ることができる一括引越し業者見積もりを利用して、引越し業者に見積もり依頼をしましょう。

 

管理人シバだけのことかもしれませんが、引越し初心者のころは、引越し業者の情報を集めるやり方を知らなかったため、知っている大手引越業者に依頼するしか方法がありませんでした。

 

まさに、知らないことゆえの失敗を繰り返していたわけです。

 

管理人シバが一括引越し業者見積もりを試す!


管理人シバが一括業者見積もりサービスを試してみたところ、「LIFULL引越し」の提供している一括引越し業者見積もりサービスも、大手、中小、赤帽便、などから選ぶことができてとても信頼のあるサービスに感じました。


要するに、自分の引越し都合に合わせて、ふたつの一括引越し見積もりサービスを試してみて自分の都合に合っている方から選ぶことにしましょう。


大手、幅広い業者からの見積もりに満足!

料金安さ比較も手間も簡単なサービス 急ぎの引越しにも対応できること 幅広い業者からの見積もりを取れること 要望に沿った見積もりができること

専門業者、兼業業者、どちらを選ぶと安くなるの?◎

専門業者、兼業業者、どちらを選ぶと安くなるの?◎

専門業者、兼業業者、どちらを選ぶと安くなるの?〇

専門業者、兼業業者、どちらを選ぶと安くなるの?〇

・「LIFULL引越し」は、少し辛口の評価となったのかもしれませんが、評価は管理人シバが実際に試した一括引越し見積もり体験をもとにまとめてみました。


管理人シバの評価は、「幅広い業者からの見積もりを取れること」から微差でランキング1位としました。


あくまでも、管理人シバの都合を考えた場合のランキングとなります。


要するに、自分引越し都合に合っているのかどうか、これが一番なのかもしれません。


大手、地元密着の一括業者見積もり

引越し 単身パック

HOME'S引越し見積もり


 

専門業者、兼業業者、どちらを選ぶと安くなるの?関連ページ

引越費用を安くするキャンペーン、割引、サービス
業者の特典、キャンペーン、割引も活用することが大切です。自分でも事前にホームページから内容を確認しておきましょう。
引越し割引がたったの100円の安さってほんと?
引越し費用がたったの100円ってほんと?をまとめてあります。100円の金額で引越し作業をすることができるそうです。もしかすると、とても危ない話かもしれないと身構えた次第です。
引越し荷物を少なくすることで費用を安くする
自分の引越しタイプがどれに該当するのかを検証することで安くすることを考えました。自分の引越しタイプを検証することは引越しを安くすることに繋がります。
引越業者の提供プランで費用を安くする
引越業者の条件に合わせることで費用を安くするを検証してみました。どういうことかと言いますと、引越し時期や時間を調整することで、引越業者が安く提供している条件に自分の引越しをあわせることです。
不用品処分で引越し費用をトータルに安くする
不用品処分をうまく行えばトータルで費用が安くなるとは、価値のある不用品をお金に変えることで引越しをトータルで安くすることをいいます。不用品を上手にお金にかえましょう。
不用品の上手な処分の仕方でお金を浮かす
不用品買取での上手な買取方法があります。買取方法の3つを知っておきましょう。まず店頭買取、出張買取、郵送買取です。それぞれの方法では、メリット、デメリットがありますので、自分の事情に合わせて上手く利用しましょう。
粗大ごみ、不用品の上手な処分の仕方でお金を浮かす
粗大ゴミ、不用品処分はとても手間がかかるようです。どうしてかといいますと、環境保護のためにゴミを処分する捨て方にもいろいりな法律できめられていることがあるからです。
引越し業者の費用交渉で安くする方法
引越し業者との値引き交渉を有利にすすめるコツとは、交渉は難しいと思っている方が多いようです。気軽に業者と交渉を進めるコツを解説しました。
引越業者、レンタカー、どちらを選ぶと安くなるの?
引越業者、レンタカー、どちらを選ぶとメリットがあるのでは、これを検討する人が多くいるのではないでしょうか。安くおもえるレンタカーと引越し業者ではどちらがトータルで安いのかをまとめてみました。
大手、中小引越業者、どちらを選ぶと安くなるの?
大手、中小引越業者、どちらを選ぶとメリットがあるのかをまとめてみました。大手引越し業者のほとんどは専門業者であり、中小引越しは兼業業者が多くあります。費用を安くするための業者選ぶをまとめました。
サカイ引越センター株主優待券で安くする その1
株手優待券の利用でサカイ引越センターを安くするでは、サカイ引越センターが発行しています株主優待券を利用して引越しを安くすることを考えました。そして、実際に株主優待券を手に入れる方法や利用する上での注意点などもまとめてみました。
サカイ引越センター株主優待券で安くする その2
サカイ引越センター株主優待券で安くするのページです。このページでは、実際にサカイ引越センターの株主優待券を手に入れるための具体的な例をまとめてみました。その例とは、金券ショップで株主優待券を購入する方法と、オークションで購入する方法です。
サカイ引越センター株主優待券で安くする その3
サカイ引越センター株主優待券で安くするでは、株主優待券の注意事項をまとめてみました。複数の事項があるのですが、その中が気になる点が3つありました。その一つ目は、株主様記入欄に株主様のご署名が無い場合は無効という項目に関してでした。
引越し業者探しをインターネット活用で安くする
引越し業者見積もりではインターネットは当然!という最近の風潮はスマートフォンの増加にもあるのではないかとおもっています。便利に機械を使いこなす時代がやってきました。
平日格安料金を利用して引越し費用を安くする
引越し業者によくある引越しの時間帯を選べる場合もあります。たとえば、午後便、午後便、フリー便との違いを考えてみました。 これは何かと簡単に言いますと、引越業者と自分の都合のどちらを優先するかです。その結果によって料金が安くなったり、高くなったりするわけです。それど同様に引越しを平日にすると琉金が安く設定している業者もあるようです。
引越し単身パックを利用して引越し費用を安くする
なぜ引越し単身パックは安いのかを検証してみました。その結果ですが、引越し経費に大きく影響をする人件費の削減があることがその理由です。
引越し業者の提供するキャンペーンを利用して費用を安くする
ビューカードの利用でアート引越センター、サカイ引越センターを安くする方法があります。これは定期的に送られてくるビュー会報に書いてある割引情報です。
引越し業者の費用をさらにトータルで安くする方法
引越し費用だけではなく、引越し活動のすべてを安くすると言ったらよいでしょうか。 そんな意味から、引越しをトータルで安くするとかいてみました。安いしたいならば必見の情報出す。