引越し 単身パックを選ぶ理由とは

単身引越し費用を安くするために引越し単身パックを検討することは大切です。

 

単身引越しを体験したことのある方にどのような方法で行ったのかのアンケートを取ってみました。

 

単身引越しの方法とは

1位/引越業者:80%
2位/レンタカー:12%
3位/赤帽便:6%
4位/友人にお願いする:2%

 

管理人シバの予想ではレンタカーが一番と思っていたのですが、その期待に反して引越業者を選ぶ方が多いという結果になりました。

引越し 費用

その理由は、インターネットを使って情報を集めることが容易くできますので、レンタカーと引越業者の料金比較をした結果でこうなったのではないかと思いました。

 

荷物の少ない単身の方でも多少しか引越し料金が変わらないならば楽な引越業者の方法を選ぶほうが良いに決まっているからです。

 

「仕事が忙しい」、「引っ越しをどうしょう」という方が引越業者を選択することもあるのでしょうが、引越し作業に慣れていない方にとってもできるだけ作業の苦労を伴わない方法を選択したいものです。

 

引越し 単身パックを依頼する理由

1位/引越し荷物を自分で運びたくない:35%
2位/仕事が忙しい:19%
3位/プライベートが忙しくて引越しに割ける時間がない:18%
4位/引越業者の引越し単身プランが安いから:15%
5位/引越しの準備や段取りをしたくない:7%
5位/引越し作業では友人に気を遣いたくない:6%

 

4位の引越業者の単身パックの安さ:15%では、多くの人が安いことを知っているのには驚きました。

 

引越し単身パックの安さを検証するためには一括見積もりを使って費用比較をしたからだと思います。

なぜ引越し単身パックは安いのか

なぜ引越し単身パックはこんなにも安くすることができるのでしょうか。

 

今までの単身引越しですと数万円以上費用が必要だったものが、わずか1万円台くらいでできるような例もみられます。

 

簡単に言うならば、引越し業者の努力が実ったということではないでしょうか。

 

引っ越し費用は、トラックの使用代金もあるでしょうが、一番の出費は人件費と言われています。

 

引越し作業をしてくれる人がいて初めて成り立つ仕事だからです。

 

いかに人件費を安くできるかの工夫が必要となる訳です。

 

その1は、決まったサイズのボックスで搬送することです。

 

その2は、他の人と同じトラックで荷物を運ぶ混載便を使います。

 

このようにして少しでも人件費を削減した結果が引越し単身パックという訳なのです。

 

引越し単身パックは、決められたサイズのボックスでの配送あとなりますので、自分の荷物の量をそのサイズのボックスに合わせる必要があります。

 

また、引越し単身パックは業者によって取り扱いが無い業者もあったり、ボックスサイズや条件に違いがあったり、距離によっても料金の違いがありますので、複数の業者を比較をして検証してみることが大切となります。

 

管理人シバが一括引越し業者見積もりを試す!


管理人シバが一括業者見積もりサービスを試してみたところ、「LIFULL引越し」の提供している一括引越し業者見積もりサービスも、大手、中小、赤帽便、などから選ぶことができてとても信頼のあるサービスに感じました。


要するに、自分の引越し都合に合わせて、ふたつの一括引越し見積もりサービスを試してみて自分の都合に合っている方から選ぶことにしましょう。


大手、幅広い業者からの見積もりに満足!

料金安さ比較も手間も簡単なサービス 急ぎの引越しにも対応できること 幅広い業者からの見積もりを取れること 要望に沿った見積もりができること

引越し単身パックを利用して引越し費用を安くする◎

引越し単身パックを利用して引越し費用を安くする◎

引越し単身パックを利用して引越し費用を安くする〇

引越し単身パックを利用して引越し費用を安くする〇

・「LIFULL引越し」は、少し辛口の評価となったのかもしれませんが、評価は管理人シバが実際に試した一括引越し見積もり体験をもとにまとめてみました。


管理人シバの評価は、「幅広い業者からの見積もりを取れること」から微差でランキング1位としました。


あくまでも、管理人シバの都合を考えた場合のランキングとなります。


要するに、自分引越し都合に合っているのかどうか、これが一番なのかもしれません。


大手、地元密着の一括業者見積もり

引越し 単身パック

HOME'S引越し見積もり


 

引越し単身パックを利用して引越し費用を安くする関連ページ

引越費用を安くするキャンペーン、割引、サービス
業者の特典、キャンペーン、割引も活用することが大切です。自分でも事前にホームページから内容を確認しておきましょう。
引越し割引がたったの100円の安さってほんと?
引越し費用がたったの100円ってほんと?をまとめてあります。100円の金額で引越し作業をすることができるそうです。もしかすると、とても危ない話かもしれないと身構えた次第です。
引越し荷物を少なくすることで費用を安くする
自分の引越しタイプがどれに該当するのかを検証することで安くすることを考えました。自分の引越しタイプを検証することは引越しを安くすることに繋がります。
引越業者の提供プランで費用を安くする
引越業者の条件に合わせることで費用を安くするを検証してみました。どういうことかと言いますと、引越し時期や時間を調整することで、引越業者が安く提供している条件に自分の引越しをあわせることです。
不用品処分で引越し費用をトータルに安くする
不用品処分をうまく行えばトータルで費用が安くなるとは、価値のある不用品をお金に変えることで引越しをトータルで安くすることをいいます。不用品を上手にお金にかえましょう。
不用品の上手な処分の仕方でお金を浮かす
不用品買取での上手な買取方法があります。買取方法の3つを知っておきましょう。まず店頭買取、出張買取、郵送買取です。それぞれの方法では、メリット、デメリットがありますので、自分の事情に合わせて上手く利用しましょう。
粗大ごみ、不用品の上手な処分の仕方でお金を浮かす
粗大ゴミ、不用品処分はとても手間がかかるようです。どうしてかといいますと、環境保護のためにゴミを処分する捨て方にもいろいりな法律できめられていることがあるからです。
引越し業者の費用交渉で安くする方法
引越し業者との値引き交渉を有利にすすめるコツとは、交渉は難しいと思っている方が多いようです。気軽に業者と交渉を進めるコツを解説しました。
専門業者、兼業業者、どちらを選ぶと安くなるの?
専門業者、兼業業者、どちらを選ぶと安くなるのかを比較してまとめてみました。専門業者、兼業業者の違いを理解して、上手な利用の仕方をすれば安い引越しをすることができます。
引越業者、レンタカー、どちらを選ぶと安くなるの?
引越業者、レンタカー、どちらを選ぶとメリットがあるのでは、これを検討する人が多くいるのではないでしょうか。安くおもえるレンタカーと引越し業者ではどちらがトータルで安いのかをまとめてみました。
大手、中小引越業者、どちらを選ぶと安くなるの?
大手、中小引越業者、どちらを選ぶとメリットがあるのかをまとめてみました。大手引越し業者のほとんどは専門業者であり、中小引越しは兼業業者が多くあります。費用を安くするための業者選ぶをまとめました。
サカイ引越センター株主優待券で安くする その1
株手優待券の利用でサカイ引越センターを安くするでは、サカイ引越センターが発行しています株主優待券を利用して引越しを安くすることを考えました。そして、実際に株主優待券を手に入れる方法や利用する上での注意点などもまとめてみました。
サカイ引越センター株主優待券で安くする その2
サカイ引越センター株主優待券で安くするのページです。このページでは、実際にサカイ引越センターの株主優待券を手に入れるための具体的な例をまとめてみました。その例とは、金券ショップで株主優待券を購入する方法と、オークションで購入する方法です。
サカイ引越センター株主優待券で安くする その3
サカイ引越センター株主優待券で安くするでは、株主優待券の注意事項をまとめてみました。複数の事項があるのですが、その中が気になる点が3つありました。その一つ目は、株主様記入欄に株主様のご署名が無い場合は無効という項目に関してでした。
引越し業者探しをインターネット活用で安くする
引越し業者見積もりではインターネットは当然!という最近の風潮はスマートフォンの増加にもあるのではないかとおもっています。便利に機械を使いこなす時代がやってきました。
平日格安料金を利用して引越し費用を安くする
引越し業者によくある引越しの時間帯を選べる場合もあります。たとえば、午後便、午後便、フリー便との違いを考えてみました。 これは何かと簡単に言いますと、引越業者と自分の都合のどちらを優先するかです。その結果によって料金が安くなったり、高くなったりするわけです。それど同様に引越しを平日にすると琉金が安く設定している業者もあるようです。
引越し業者の提供するキャンペーンを利用して費用を安くする
ビューカードの利用でアート引越センター、サカイ引越センターを安くする方法があります。これは定期的に送られてくるビュー会報に書いてある割引情報です。
引越し業者の費用をさらにトータルで安くする方法
引越し費用だけではなく、引越し活動のすべてを安くすると言ったらよいでしょうか。 そんな意味から、引越しをトータルで安くするとかいてみました。安いしたいならば必見の情報出す。