自分の引越し荷物を少なくすることで費用を安くする

単身パック

引越し業者に引越しを安く依頼するには、引越しプランを考えて選択することが大切です。

 

ちょっと難しく始めてしまいましたが、要は簡単です。

 

引越しは、単身の引越しをする方でしたら単身引越しプランから選び、家族の引越しでしたらフアミリープランから選ぶという至って簡単なことだからです。

 

もっと詳しく話しますと、引越し業者によっての違いはあるのですが、単身でも複数のプランがあったり、フアミリーでも複数のプランがあったりします。

 

このプランの違いは、ほとんどが荷物の量によって違いがでてきます。

 

ここで大切なことは、引越しする距離は変えようがないのですが、引越しで運ぶ荷物の量は減らすことができることです。

 

「自分の引越しプランを小さくすることで費用を安くする」とは荷物の量をできるだけ減らすことでひとつ下の安いプランを選択することです。

 

たとえばの例なのですが、単身引越しでは単身プランを選ぶより、条件が合えば引越し単身パックを選ぶ方が安くなる場合があります。

 

この引越し単身プランとは、同じ単身引越しになるのですが、業者の条件に合わせることで安くなるプランです。

 

具体的に引越し単身単身パックの説明をしていきます。

 

一人暮らしの方など比較的に荷物量が少ない場合は、単身の引越しパックを活用するほうが安くすることができるのですが、そもそも一般の引越しプランと比べてどのような点に違いがあるのでしょうか。

 

単身の引越しパックは業者によっても異なるのですが、意外と制約が多いもので、荷物量に制限があるというのはもちろんのこと長距離輸送も断られる場合もあります。

 

そのため近距離で荷物量が少なく時間の掛からない比較的に簡単な転居を行う場合に利用を限定されるという特長があります。

 

そもそもサービス名でもわかるように単身世帯をターゲットに据えた商品ですからそうした方向けに特化したサービスであり、通常ですとトラックを貸しきっての輸送となりますが、専用BOXに詰めて運びますので小包の荷物量を大きくしたというイメージが当てはまるといえます。

 

配送に関しても、多くの場合が他の人の荷物と一緒に運ぶ混載便が一般的です。

 

一方で一般の引越しプランの場合にはそうした細かな条件は含まれておらず、トラックのすべてを貸しきって運送するという点が大きな違いとなります。

 

簡単な言い方をしますと、無駄を究極まで削ぎ落としたタイプが引越し単身パックとなりその分が今までの引越しより安くなるわけです。

 

引越し業者が定めている引越し単身パックの条件に合わせることが可能でしたら、頑張って条件に合わせることで料金を安くしましょう。

 

問題は、どうしたら引越し単身パックを持っている業者をうまく探すかです。

 

ここで紹介しています「一括無料引越業者見積もり」を便利に活用する方法があります。

 

この一括業者見積もりを使うことで、複数の引越業者の見積もりを見ることができますので、どの会社が一番効率よく引越しを行っているのか比較できます。

 

引越し準備期間では、いかに荷物を減らして小さな荷物の量になるかを目指して作業をしてみてください。

 

 

管理人シバが一括引越し業者見積もりを試す!


管理人シバが一括業者見積もりサービスを試してみたところ、「LIFULL引越し」の提供している一括引越し業者見積もりサービスも、大手、中小、赤帽便、などから選ぶことができてとても信頼のあるサービスに感じました。


要するに、自分の引越し都合に合わせて、ふたつの一括引越し見積もりサービスを試してみて自分の都合に合っている方から選ぶことにしましょう。


大手、幅広い業者からの見積もりに満足!

料金安さ比較も手間も簡単なサービス 急ぎの引越しにも対応できること 幅広い業者からの見積もりを取れること 要望に沿った見積もりができること

引越し荷物を少なくすることで費用を安くする◎

引越し荷物を少なくすることで費用を安くする◎

引越し荷物を少なくすることで費用を安くする〇

引越し荷物を少なくすることで費用を安くする〇

・「LIFULL引越し」は、少し辛口の評価となったのかもしれませんが、評価は管理人シバが実際に試した一括引越し見積もり体験をもとにまとめてみました。


管理人シバの評価は、「幅広い業者からの見積もりを取れること」から微差でランキング1位としました。


あくまでも、管理人シバの都合を考えた場合のランキングとなります。


要するに、自分引越し都合に合っているのかどうか、これが一番なのかもしれません。


大手、地元密着の一括業者見積もり

引越し 単身パック

HOME'S引越し見積もり


 

トップへ戻る