女性単身パックを依頼するときの注意点

 

女性単身パックを依頼するときの注意点とは

引越し 費用

  • 注意点その1、作業員は男性スタッフでもOKかNGかを決める
  • 注意点その2、見られたくないないものを梱包する
  • 注意点その3、女性専用プランの料金をチェックする

女性の単身引越しの荷物の梱包については、気になる下着などが見られることがないようにしっかりとダンボールに梱包する必要がありますのと、単身パックを利用した場合はサイズが決まっているボックス単位で引越しをしますので、ダンボールサイズや数量をよく確認しておく必要があります。

 

これだけのことなのですが、どうしても男性スタッフに対して抵抗がある方は同じ女性作業員が引越しを担当するプランを選ぶことにしましょう。

 

女性作業員のみですと有料オプションとなりますので、それなりに金額が高くなることも知っておいてください。

 

また上記のプランはすべての作業員が女性というわけではなく、女性1名、男性1名などのように複合構成になることもあるようです。

 

なぜならば、女性スタッフが女性プライバシーに関する部分をメインにして動き、男性スタッフは力仕事中心に作業を分担する仕組みになっているからです。

 

男性作業員と女性作業員のいいとこ取りプランとなるのですが、この辺も自分の荷物の量と予算を考えながら選ぶことをお勧めします。

 

どうしても、すべての作業員が女性の方でないと困るという方は内容を確認をしておく必要がありますことと、すべてを女性作業員にできないかの交渉をしても良いと思います。

 

男性と同じように一括引越業者見積もりを利用して見積もり依頼するとき、引越し業者への要望の項目に「女性に対応したプランでお願いします」と書いておくのも良い方法かもしれません。

 

事前にこのような要望を相手側に知らせることで、それに対する答えを含めて見積もりを作ってくるからです。

 

また、このような要望に対してのメールが返送されてきましたら、忘れずに、作業員のすべてが女性スタッフがどうか、有料オプションでしたら条件や料金のことも確認をしておきましょう。

 

女性専用業者プランのメリット、デメリットとは

女性が単身で引越しをするのは、男性の単身引越しよりももっと難しいことだと感じています。

 

なぜならば、男性よりも荷物が多いことがほとんどで、ちょっとした荷物を運ぶにしても男性と比較すると、非力であることから多めに時間がかかってしまうからです。

 

引越しの荷造りなどを業者のスタッフに手伝ってもらうにしても、引越し業者の多くは男性スタッフ中心となりますので、部屋の中に入れることすら抵抗があると感じる方が多いようです。

 

見られたくない下着や衣類、化粧品など、男性が部屋に入るのはとても心理的な抵抗も多く、また男性スタッフからナンパされたりしないかと不安になることもあるようです。

 

このような女性の悩みから対応する声が高まり、大手引越し業者では新しく女性専用プランを作っているようです。

 

たとえば、アート引越センターでは、「レディースパック」という女性専用のパックがあります。

 

今までは、男性と同じ一括引越し業者見積もりから依頼するかたちでしたが、ここではレディースパック専用の見積もりを取れるようになっていたり、選べるコースも複数準備されているようです。

 

「引越待ち割キャンペーン」、「インターネット限定割引」「フリー便」は基本的に割引プランとなります。

 

女性専用プランは、一般的なプランより料金が高いと言われてきたのですが、引越し業者の条件に対応をするだけで、一般プランより安くなることもあります。

 

たとえば、「引越待ち割キャンペーン」プランでは、引越し日を引越し業者に任せると引越し料金が半額になるサービスだそうです。

 

「インターネット限定割引」では、ホームページより見積もりをすることで特別割引になるサービスだそうです。

 

「フリー便」では、引越し作業を午前中の後の便でよければ割安になるサービスだそうです。

 

このように女性専用プランのメリットは女性のプライシーに安心なサービスでしたが、その半面のデメリットとしての割高な料金プランも解消されているようです。

 

場合によっては、一般プランを選択するより、女性専用プランを選択した方が割安になる場合もあるようです。

 

この違いをよく理解して、自分に引越しに合う形で引越しプランを選ぶことにしましょう。

 

トップへ戻る