安い引越し業者を選ぶ

MENU

引越し1ヶ月前くらいの準備で差をつける

 

単身 引越し1ヶ月前くらいは大切な準備の期間です

引越し 費用

この時期に大切な項目は2点ありますので、
これをしっかりと押さえておきましょう。

 

1点目は、一括引越業者見積もりを使って
複数の業者へ見積もりを依頼することです。

 

複数の業者に見積もり請求をすることで引越し費用を比較することができますし、
引越しのおおよその相場を知ることもできるからです。

 

一括引越業者見積もりを使うときの注意となるのですが、
項目に入力するときは相手によく分かるように記入することが大切です。

 

この入力項目が引越し費用を計算するうえで大切になるからです。

 

入力ができて送信すると、
早い業者は翌日、
遅い業者でも2、3日待つことで見積もりメールが送られてきます。

 

あとは、
自分の都合や料金を比較しながら業者を決める作業を進めていきましょう。

 

2点目となるのですが、
引越しでは荷物の整理をうまく行うことが必須となります。

 

荷物の量が少ないのであればそれほど慌てることはないのですが、
量が多いのであればできるだけ早くから不用品処分
ゴミの処分などに取り掛かったり、
小物の整理を始めると良いと思います。

 

特に、不用品の処分では、
その種類によって処分の仕方が違ったり、処分そのものができなかったり、
価値ある処分品を簡単に捨てるわけにいかず悩むこともあるからです。

 

引越しになれない方が最初につまずくのがこの部分です。

 

不用品の処分には意外と多くの時間がかかることを知っておきましょう。

 

不用品の処分をうまく行うことで
引越し費用をトータルで安くすることができるかもしれません。

 

管理人シバの場合になるのですが、
単身にもかかわらず簡単に捨てられない荷物の量が多いこともありましたので、
時間がかかることを予想して2ヶ月以上も前から
準備に手をつけたのですがそれでもギリギリ状態でした。

 

不用品でも価値がアリそうだと判断したものは、
積極的にリサイクルショップに持ち込むことを考えたり、
時間が余裕があればネットオークションを試してみましょう。

 

ネットオークションに関しては、
買取り価格が高くなる場合もあるのですが、
時間がなかったり、取引自体に慣れていないとリスクもありますので
リサイクル買取店と併用してみることをお勧めいたします。

 

最近では、
いろいろな方にニーズに対応できるように
引越し業者側でもサービスとして不用品処分、
買取りに対応をしている場合もあります。

 

これに関しては、
買取り価格がやや低めになる傾向もありますが、
時間があまり無い方や、
手間を掛けたくない方には最適なサービスのように思います。

 

引越し業者を決める前に、
不用品のサービスがあるかどうかも確認しておきましょう。

 

高い買取りをするためには、
引越し予定が決まったらできるだけ早く引越し準備に取りかかることが大切になります。

 

少しでも不用品処分に使う時間を増やすという考え方です。

 

余裕の時間があれば
リサイクルショップの買取り価格を比較したり、
ネットオークションを試すことができるからです。

 

下記のチェックシートでは4つの時期に分けました。

 

どの時期も大切で忙しくて大変なのですが、
一番大切な時期は「単身 引越し1ヶ月前くらい」と覚えておきましょう。

 

[単身引越し前]

複数の引越業者から見積もりをとる
  (一括無料引越業者見積もりを使って複数の引越し業者の見積もりを取る)
粗大ゴミ、不用品の処分
引越しあいさつ状の準備
ダンボールに少しづつ箱詰めしていきましょう。
転校の手続き
現在住んでいる大家さん、管理会社へ連絡して賃貸解約。

 

引越し 安い複数の引越業者から見積もりを一括で取る

 

引越しの日程が決まったら引越業者探しになるわけですが、
引越料金が少しでも安くなる一括引越業者見積もりを試してみましょう。

 

数日後に、
複数の引越し業者から料金見積りメールが送られてきます。

 

どの引越し業者が自分の都合に合っているのかの検証を始めましょう。

 

引越し 最安賃貸解約の手続き

 

引越し業者を探すだけではなく、
他にも沢山の引越し準備があります。

 

そのひとつが、
現状復帰義務調査」です。

 

ほとんどの場合は、
搬出が済んだ後に調査員と立会いのもと部屋状態をチェックしていきます。

 

引越し 費用新居の間取り、周辺のチェック

 

新居への引越し荷物の搬入では、
作業がスムーズにできるルートなどを確認しておきましょう。

 

新居周辺の道幅、エレベーターの有無、駐車場の場所、
そして部屋の間取りなどです。

 

引越 不要品粗大ゴミ、不用品の処分

 

粗大ゴミは必要であれば
最寄の市区町村役所へ電話して確認をしておきます。
不用品の処分はものによっては簡単に捨てることができないものもありますので、
なるべく早くから準備を始めることが大切です。

 

引越し 見積もり転居通知

 

転居通知などの準備もなるべく早め用意を整えてることが大切です。

 

引越し ダンボールダンボールの手配が済んだら梱包する

 

多くのダンボール箱には、
中身がわかるように簡単に詳細を書いておいたり、
複数の部屋があるのでしたら、
どの部屋に運べば良いのかがすぐわかるように番号やアルファベットなどのマーキングを入れておくと良いでしょう。

 

なるべく内容を詳細に書いた方が良いのですが、
あまりにも手間がかかるようでしたら簡単に自分だけがわかる番号だけも良いかと思います。

 

サカイ、アート、アリさん、隆星引越の費用を比較

という方は、まずは一括見積もり!

引越し 単身パック


ハトのマーク、ダック、赤帽、メリー、マーチ、日通の費用を比較

という方は、まずは一括見積もり!

LIFULL引越し(ライフルひっこし)の一括引越し業者見積もり


管理人シバも一括見積もりを利用しましたが、電話番号の記載が不要なためしつこい営業攻勢を受けることはまったくありませんでした。

 

前のページへ  引越し5日前ページへ