訪問見積もりのメリット、デメリットとは

単身パック

 

大手引越し業者では、自宅で見積もりを行う「訪問見積もり」という方法があります。

 

この訪問見積もりはメリットとデメリットがありますので、しっかり押さえるところを押さえて依頼することが大切です。

 

それではメリットとは何かといいますと、自宅で荷物の量を直接見て見積もりをだしますので提示される引越し金額に誤差が無いことです。

 

これはかなりのメリットなる場合があります。

 

訪問見積もりのメリット 正確な引越し料金見積もりを計算してもらえるため、後で料金のトラブルになることが少ない。
訪問見積もりのデメリット 業者の多くはその場で契約を取ろうとするため、他にも引越し業者と交渉をしている場合は対策を立てておく必要があること。

特に、無料で提供される引越し資材を先行でうけとらないよにする。

 

インターネットの一括引越業者見積もりより厳密な見積もり金額の提示となりますので、あとで追加金額の訂正がありえないことです。

 

引越し当日、万が一荷物が積みきれないと言うようなトラブルがあったとしても、こちらの責任ではなく引越し業者の責任として対応してもらえますので引越しが安心となります。

 

デメリットとしては、複数の引越し業者と料金交渉をしていた場合です。

 

訪問見積もりのときに営業から契約を迫られますので、それをうまくかわす方法が必要となってきます。

 

このような場合のことを事前に予想しておいて訪問見積もりをすることが大切となります。

 

実際の訪問見積もりでは、見積もりのあとに無料の引越し資材を置いていきたがります。

 

例としては段ボールとか紙テープなのですが、これをそのまま受け取ってしまうと、他の引越し業者の見積もりを心情的に断りにくくなることを狙った行為です。

 

自分はそんなことがないと思っていても、受け取ってしまうとそうも言えなくなるのが人間の心理です。

 

引越し業者の営業はそんな心の弱みを狙ってくるものです。

 

複数の引越し業者との競合を考えている方は、無料引越し資材を受け取ることを拒否しましょう。

 

もし、「なぜ」と質問されたら、「他の引越し業者も考慮しているので」と言いましょう。

 

言うだけではなく、実際に他の引越し業者との値段交渉をすることが大切です。

引越し訪問見積もりを利用して安くする

トップへ戻る