業者との値引き交渉を有利にすすめるコツとは

引越し業者 価格

 

引越し業者を決めるときは、一括引越業者見積もりを試して見積もりを比較した後、候補の業者を選びます。

 

引越し業者の値引き、キャンペーン、サービスをチェックした後は、引越し業者の都合を考えて安いプランに合わすことができるかを検討します。

 

これが第一段階です。

 

そのあとは、さらに値引きを取るために業者との交渉をしましょう。

 

業者の営業と値下げ交渉をすることになるのですが、相手もプロの営業ですのでそう簡単ではありません。

 

引越しに関してはほどんど素人の自分と、引越し関してはプロの営業マンとの戦いになるわけです。

 

そんなことを考えるまえに負けていると思いませんか。

 

それであっても相手の営業マンに勝てる施策はあります。

 

それをこれからお話をしていきます。

 

 

複数の引越し業者の営業マンに対して言うことはひとつです。

 

「〇〇引越し業者見積もり金額は××円でした!」

 

これだけを相手に伝えてください

 

 

もっと安くしろ」とか「値引きをしてください」などの抽象的な理由の無い言い方では相手に通用しません。

 

値引きするにしてもその理由がないからです。

 

理由が無いことを無理強いすることほど、意味がないことはありません。

 

相手が値引きをしなければならない理由を作ることが大切になります。

 

管理人シバもリサクル買取店長をしていますこともあり、上記の言葉をよくお客様から言われことがあります。

 

この時に、内心思うのは「厄介なお客だな」です。

 

皆さんも厄介なお客になることにしましょう。

 

実際の値引き交渉は、最低でも2回以上時間をおいて行うことにしましょう。

 

交渉を一気に決めるのではなく、時間を空かすことで、自分のペースで交渉を進めることができるからです。

 

冷静になれことで、新しい対処方法も浮かんでくることもあります。

 

引越し業者との効率よく交渉を進めるには、一日に3業者くらいの交渉が最適です。

 

ひとつの引越し業者との交渉時間も気にすることにしましょう。

 

同じ日に3業者と交渉するのでしたら、1社の交渉時間は15分に決めて、相手が何を言ってきてもそれ以上長引かせないことです。

 

時間を決めておけば、長々と粘られることもありませんし、自分が疲れることも防ぐことができます。

 

また、「〇〇引越し業者見積もり金額は××円でした!」を使うときは、事前に複数の引越し業者の見積もり価格を調べておきましょう。

 

相手に、いい加減な見積もり価格を言いますと、相手もプロですので一発でわかってしまうからです。

 

管理人シバでしたらそんなフザけたお客に対しては、それなりの対応になりますし、かなりムカつきます。

 

しっかりと一括引越業者見積もりを取ることが大切です。

引越し業者の費用交渉で安くする方法

トップへ戻る