引越し業者プランの選び方

 

引越し 価格

 

失敗しない引越しプランの選びとは

引越し 費用

自分の引越し荷物の量、引越しの距離からどのタイプが自分の引越しプランに最適なのかを知りましょう。

 

どの引越しプランが最適なのかを選ぶことが大切です。

 

単身引越しプランなのにファミリープランとして計算されてしまうと、基本料金の計算が違ってくるからです。

 

他にも、単身引越しをする方は「単身プラン」となるのですが、荷物が多い単身ですと「ファミリープラン」を選ぶほうが安くなることもあります。

 

どちらを選ぶほうが特になるのかは、自分の引越しする内容によって違ってきます。

 

基本は、「ファミリープラン」になりそうならば、荷物の量を減らすことで「単身プラン」になるようにしましょう。

 

荷物を減らすことで小さい引越しプランを目指すわけです。

 

管理人シバの単身引越し荷物の内容
冷蔵庫小、液晶テレビ21インチ×1、テーブル小×1個、ローチェアー×1、本棚4段(高さ1メートル×幅1メートル)、洗濯機、自転車小型折りたたみ、服(ダンボール×5個くらい)、パソコンデスクトップ×1台、ベットシングル×1、ラジカセ×1

 

上記の項目をみていただくと、まさに単身引越しだということがわかります。

 

単身引越しでしたら、さらに費用が安い引越し単身パックを選びたくなります。

 

業者が単身パックの条件としている以内で、荷物のサイズを収められることができれば、料金を安くすることが可能になります。

 

ところが大きな問題があることに気が付きました。

 

どうしても、引越し単身パックの条件には、難しい家具があることが原因でした。

 

シングルベット1台、洗濯機、冷蔵庫、自転車ががアウトでした。

 

かさばる家具や大きな物は引越し単身パックの条件に合わせることが難しいからです。

 

管理人シバが考えた方法は、新居までの距離が近いこともあり自転車は自分で乗って行く、洗濯機と冷蔵庫は友人の車で運んで貰うでした。

 

費用を安くするためには頑張るしかありませんでした。

 

引っ越し 値段

 

単身プランとは

基本的には、単身、学生とかワンルームの方に最適な引越しプランとなります。

 

荷物が少ない引越しですが、荷物が多いとファミリープランになることもあるようです。

 

「どれだけ荷物を少なくできるか」によって安い引越しプランとなります。

 

できるだけ引越し単身パックが使えるように荷物の量を調整しましょう。

 

引越し単身パックは、多くの業者が安い引越しを実現するために、サイズが決まっている専用ボックスを使って引越しをする業者が多いようです。

 

長距離では専用ボックス+混載便(他の引越し荷物を一緒のトラックで運ぶ)によるコスト削減では、とても安い費用での引越しが可能となっています。

 

近場への単身プランですが、安いところですと15000円という金額も聞いたことがありました。

 

各引越し業者によってシステムも違うこともありますので、単身プランであっても複数の引越し業者から見積もりをとり比較して一番安い業者を選ぶことが大切です。

 

ファミリープランとは

ファミリープランといいますのは、ある程度の人数が引越しをするプランのことをいいます。

 

昔からある引越しのプランですが、このプランですと荷物が量が多くなることと、大きな家具もありますので、引越業者の見積もり金額を確認しながらオプションサービスがいくらになるか確認することが大切です。

 

規模が大きくなる引越しですので、安い料金をチェックする方法は、「荷物による値段の違い」「距離による値段の違い」、また「オプション」の値段をそれぞれ個別に比べてみましょう。

 

最後では、
ホームページから確認できる割引などのサービスもチェックしておくことが大切です。

 

このサービスは契約の後ですと適応がききません。

 

オプションサービスでは、引越し業者によって多少の違いがあるのですが、「作業お任せパック」「エアコン設置」「ピアノ配送」「ペットの配送」「植物の配送」「車、バイクの陸送」「家具の移動」「電気工事」「建て替えの一時預かり」「防振施工」「ハウスクリーニング」「盗聴器発見」「消毒・殺虫サービス」なども必要に応じて使うと良いのではないでしょうか。

 

長距離プランとは

一般的に長距離を引越しするためのプランとなります。

 

引越し方法は、チャーター便と言ってトラックを貸しきる状態での引越しとなります。

 

これのメリットは、中継地での積み替えなどがありませんので、荷物に優しい引越しとなります。

 

他には、混載便という他の方と同じトラックで運ぶ方法があります。

 

この方法ですと料金は安くなるのですが、荷物にキズが付くなどの引越しリスクがあるようです。

 

最後に、積み下ろしは契約した引越し業者が行い距離の部分を他の業者に外注している業者もありますし、
最寄の駅でコンテナに積み替えるコンテナ便もあるようです。

 

引越しの距離が長くなると荷物にキズが付いたりするリスクが増えますので、保障をしっかりしてもらえる大手引越し業者を選ぶことが大切です。

 

引越し業者の費用に関しましては、複数の引越し業者に見積もりを取り比較することで安い業者を選ぶと良いと思います。

 

すべて作業お任せプランとは

ほとんどの大手引越し業者では、「すべての作業お任せプラン」があります。

 

このプランは、仕事が忙しくて引越し作業が出来ない方などのために、荷造り、荷解き、すべての引越し業者作業をお任せでお願いするプランです。

 

これですと、通常の引越しより料金は高くなるのですが、「一括無料引越業者見積もり」をしっかり使って複数の引越業者から料金比較をしましょう。

 

通常の引越し作業より料金が高いこのプランでは、引越し業者も契約を取りたいと思っていますので競合する必要があります。

 

単身女性、シニア引越プランとは

最近増えてきたのは、単身女性の引越しとシニアの引越しです。

 

単身女性の引越しですと、梱包でも女性に配慮した作業ができる女性の作業員が担当したり、オプションで「盗聴器発見」なども含めて対応が可能ですので、必要に応じて使うと良いかと思います。

 

シニアの引越しでも同じなのですが、どこまでの作業を引越し業者にお願いするかを細かく決めることが大切です。

 

シニアの方ですと交渉や競合が大変かもしれませんが、引越し業者にお願いする作業が増えれば相手の利益も上がりますので、やはり引越し業者との交渉や競合は必須だと思います。

 

海外引越プランとは

最近、海外に引越しをする方が増えているようです。

 

海外に引越しとなると、日本の引越しと違い、輸出通関手続きと輸入通関手続きが必要となります。

 

引越しの手順には手間がかかりますが、大手引越し業者を選ぶと海外の引越しノウハウを持っていますので、その分手間が少なくなります。

 

大手引越業者では、クロネコヤマト引越センター、日本通運引越センター、アリさんマークの引越社などですと、通関手続きを代行してもらえるサービスもあるようです。

引越し業者プランの失敗しない選び

トップへ戻る