上手な作業依頼の仕方

引越し 単身

 

引越し業者に作業をお願いするのはどのくらい前がいいの?

 

私は、あまり引越しに慣れていない初心者レベルです。

 

今回の引越しですが、
2月〜3月上旬に単身向けの引越しを予定しています。

 

引越しの日時をしっかりと決めているわけではありません。

 

その理由は仕事が忙しいことなのですが、
引越し業者にはどのくらい前に見積もりを依頼したらよいのでしょうか。

 

あまりにもギリギリですと引越し業者で対応してもらえないこともあるかもしれないので心配になりました。

 

引越しの距離は近場で、引越し荷物の量は少ないです。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

管理人

 

>引越し業者にはどのくらい前に見積もりを依頼したらよいのでしょうか。

 

上記のご質問に関しての答えですが、一ヶ月を切るくらいが最適と思います。

 

ご質問者の引越し条件では、「引越しの距離は近場で、引越し荷物の量は少ないです」とのことですが、このタイプの引越しに最適な方法は、サイズ内で収まることができれば引越し単身パックを使用することで安くなるからです。

 

これは引越し業者が決めたサイズのボックスに収めて運ぶ引越し方法で、メリットは他の方に荷物と混載にできることから安く運ぶことができます。

 

ですが、決められているボックスに自分の荷物を納めなければいけませんので、使わない不要品をなるべく早く処分して荷物を少なくし、引越し業者が無料で提供している訪問見積もり実行することでこのタイプに適応しているのかどうかの確認をしてもらいましょう。

 

訪問見積もりをするためには、引越し業者に訪問見積もりの依頼をしてからとなります。

 

ここで必要となるのが、引越し業者に見積もりを行うための一括引越業者見積もりです。

 

まず、自分の引越しの大体の見積もり金額を一括引越業者見積もりで知っおいて訪問見積もりを試してみる順番で引越し準備を進めていきましょう。

 

また、一括引越業者見積もりを試した後に訪問見積もりをすると話したのには理由があります。

 

訪問見積もりまで引越しの手順が進むわけですので、相手の引越し業者は自分の会社を選んでもらえると思うからです。

 

訪問見積もりは1回で充分ですので、しっかりと1社に引越し業者を選んでから行うことにしましょう。

 

以前、管理人シバも何度か単身引越しで訪問見積もりを経験したことがあります。

 

この時、引越し業者の営業は必要な数の段ボールを両手に抱えてやってきました。

 

この段ボールをうっかり受け取ってしまったのですが、受け取ることで恩ができて、結局その引越し業者にお願いすることになりました。

 

もし、その業者を選ぶことをしないのならば、段ボール、粗品などを受け取ることは避けてください。

 

訪問見積もりにしても、不用品処分にしても、引越し初心者の方はなるべく早くから引越し準備の入りましょう。

 

準備さえしっかりと用意しておくことで引越しの大半は成功となるからです。

 

 

★一括引越し業者見積もりを始める★

管理人シバが試してみたところ、LIFULL引越しの一括引越し業者見積もりサービスは赤帽便、地元密着の中小業者、もちろん大手引越し業者などを選ぶのに最適のようです。


要するに、自分スタイルに合わせて、ふたつの一括引越し見積もりサービスを使うことにしましょう。


いらないものをサッパリと省いて、自分に必要なこだわりのサービスだけは残す、これが費用を節約うえでも基本になります。


早速、自分流スタイルに合う方を選んで一括業者見積もりサービスを上手に試してみましょう。


 


・ハトのマーク、ダック、赤帽、メリー、マーチ、日通、もちろん大手引越し業者の費用を比較

という方は、まずは無料で一括見積もり!

HOME'Sの一括引越し業者見積もり


管理人シバも一括見積もりを利用しましたが、
よくあるしつこい営業攻勢を受けることは皆無でしたので安心してください。