退去時の原状復帰トラブルを解決する方法

引越し 激安
退去時に立会いでするチェツクリストです。

 

引越し退去時のトラブルとは

質問 東京都 男性

 

引越し退去時に大家立会いで鍵を返却し、敷金の話も納得した後に、
後日電話がかかってきて、「鍵を変えたこと」「ペットを飼っていたこと」「配水管の流れが悪いこと」
などの心当たりがまったく無いことを一方的にいわれました。

 

大家は感情的にものをいいますのでとても困っています。

 

どのように対応したらよいかわからなくなりました。

 

どうかよろしくお願いいたします。

 

管理人

 

>大家は感情的にものをいいますのでとても困っています。

 

という退去時に起こるトラブルの質問です。

 

質問の内容から大家さんが何を要求しているのかわからないのでなんとも言えませんが、現状回復を求めてお金を請求しようとしているのではないでしょうか。

 

通常ですと、居住者とのトラブルを避ける目的で業者に契約金を払い退去チェツクするのが普通です。

 

このかたちですと、退去時に間に専門の業者がチェツクにやってきて、入居したときから新しくできたキズや不具合などを入居時のチェック項目と比較して現状回復のための料金を計算していきます。

 

これはお互いの立会いもとでおこないますので後日のトラブルが少ない方法です。

 

業者チェックの経費を削減する目的で大家さんと直接交渉をすることもないわけではありません。

 

しかも、その場ではなく、後で心当たりが無いことを一方的に言うわけですのであまりフェアーではないように思います。

 

このような具体的な対応としては、口で言っても駄目でしたら弁護士さんに相談して内容証明を書いてもらって送ってみてはいかがでしょうか。

 

またどうしても納得がいかなのであれば少額訴訟にもちこむこともできます。

 

小額控訴は請求額が30万円以下の少額の場合、できるだけ経済的負担がかからないよう、原則として1回で審理を終了し即日判決を出せるようにした民事訴訟法の手続です。

 

手続きは思ったほど難しくありませんので、
ここまでやるしかないと思うのでしたら良い選択ではないでしょうか。

 

 

管理人シバが退去した時に立会いチェックをしていただいたのも、
その賃貸物件を管理している不動産会社の退去チェック立会員でした。

 

立ち合いチェックは引越し作業中にやってきて、
おおよそ1時間くらいの時間をかけてチェックを行っていました。

 

とりあえず水回りに問題があったようなのですが、
引越し作業の忙しさもあり後回しにしました。

 

その結果ですが、
金額にして7万円くらいの請求が来ました。

 

このことについて詳しくを聞くと、
台所の扉が経年変化していたということだそうでした。

 

アレって感じです。

 

だって、管理人シバがそこに住んでいたのは僅かな期間で、
前の住人もいたからです。

 

なぜ、僅かな期間しか住まないシバに経変変化というならば請求がきたのか、
どして前住人のことも含めないのか、とても理不尽を感じたことがありました。

 

この件のことを友人の賃貸不動産会社 社員に聞いたことがありますが、
その場で言うことができなければどうにもならない話だと言っていました。

 

その場で言うことが大切だそうですが、
そのとき管理人シバは引越し作業のことに集中していたわけですので、
この忙しい時を狙ってきたのかもしれません。